MacroDroidの高度設定をroot不要で解放する方法! ADB hackでAndroidの自動化を強化しよう

スポンサーリンク

Android向けの自動化アプリは色々とありますが、直観的に自動化の設定ができる初心者にオススメなMacroDroidがボクのお気に入りです。

本ブログでも様々な自動化設定(マクロ)を紹介していますが、一部「アクション」機能はroot化が必須となるため高度なカスタマイズには限界がありました。

そこで本記事では、MacroDroidの高度設定をroot不要で解放する方法を紹介します。

具体的には「adb(=Android Debug Bridge)」を使って指定コマンドを流すことで「アクション」の制限機能が撤廃されるため、より複雑な自動化設定が可能になります。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ!

Android向け自動化アプリ「MacroDroid」の基本機能とその設定手順については下記記事を、

MacroDroid - Device Automation
MacroDroid - Device Automation

関連記事

MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ

具体的な自動化設定(マクロ例)は下記記事で詳細を解説しています。

関連記事

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう

MacroDroidで設定できる組み合わせは膨大ですが、一部「アクション」機能は「rootまたはADB hack済み」と表示され、設定してもエラー表示が出ます。

例えばアクションで「モバイルデータ」を選ぶとエラーが出る。

このような制限があるアクションは「モバイルデータのオン/オフ」・「没入型モード」など、Androidシステム中枢に関わる高度な設定が特徴です。

エラー表示のままだとマクロが正常に機能しませんが、root化を実行するとメーカー保証対象外となるなど、一般ユーザーからするとハードルが高いでしょう。

そこで今回はもう1つの選択肢である「ADB hack済み」条件を満たすことで、より高度な「アクション」の組み合わせを実現する手順を解説します。

手順①:adbコマンドの環境を用意し「USBデバッグ」をオンにする

パソコンとAndroidを接続してadbコマンドを打つ必要があるため、事前に下記2点の準備が必要です。

パソコンでadbコマンドを使えること

Androidで「USBデバッグ」をオンにすること

パソコンでadbコマンドを使えること

お使いのパソコンでadbコマンドの環境を用意して下さい。

もしMacなら、ターミナルでadbを使う方法がオススメです。

関連記事

MacにAndroid Studioをインストールしてadbをターミナルで使えるようにする方法

Windowsユーザーなら、

windows adbコマンド
検索

などGoogle検索してみて下さい。

Androidで「USBデバッグ」をオンにすること

パソコンからadbコマンドを流す際、Android側で「USBデバッグ」がオンになっている必要があります。

「設定」より「開発者向けオプション」を開き、「USBデバッグ」トグルをタップして有効にすればOK。

もし「開発者向けオプション」をまだ表示していなければ設定して下さい。

関連記事

Androidで「開発者向けオプション」を表示する方法! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう

参考:USBケーブルも準備する

今回の方法ではパソコンとAndroidを接続するケーブルも必要です。

AndroidのUSB端子の形状(micro USB / Type C)に合わせ、ご準備下さい。

手順②:adbコマンドを実行する

以上、事前準備さえ完了すれば、後は指定adbコマンドを流すだけです。

Androidに「MacroDroid」をインストールしておき、

MacroDroid - Device Automation
MacroDroid - Device Automation

パソコンとAndroidを接続してから、2つのadbコマンドを順番に実行します。

もし下記のようなエラーが出る場合、Android側で先述した「USBデバッグ」がオンになっているか再度確認して下さい。

作業はコレだけ。

MacroDroidで制限がかかっている「アクション」機能でマクロを組み、エラー表示が出ないことを確認できれば成功です!

例えばアクションで「モバイルデータ」を選んでもエラーが出ない。

実際にマクロを動かして、動作性も検証しましょう。

補足:制限解除は「rootまたはADB hack済み」のみ

今回のadbコマンドを流す方法で制限を解除できるのは「rootまたはADB hack済み」が条件のアクションです。

条件が「root」のみのアクションは残念ながら今回の方法でも解放されません。

参考までに制限付きアクションの条件をまとめました(MacroDroidバージョン3.23.3で確認した内容です)。

【rootまたはADB hack済み】

NFCの有効化/無効化

モバイルデータのオン/オフ

バッテリーセーバー

没入型モード

位置情報モードを変更

ヘッドアップ通知を有効にする・無効にする

【root化端末のみ】

スクリーンショットを撮る

USBテザリング

機内モードのオン/オフ

再起動/電源を切る

GPSの有効化/無効化

電話に出る

アプリの有効/無効

アプリを強制停止

アプリデータの削除

アプリの通知設定

〆:ADB hackで高度なアクションを組もう!

以上、MacroDroidの高度設定をroot不要で解放する方法! ADB hackでAndroidの自動化を強化しよう の説明でした。

「ADB hack」条件を満たすことで、よりAndroidシステム中枢に関わる高度なアクションでマクロを組むことができます。

ぜひ、お試しあれ。

参考 MacroDroid Forums – Granting WRITE_SECURE_SETTINGS permission via ADB

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい