[Android] スマートフォンのWi-FiテザリングでSSIDステルス化/MACアドレスフィルタリングの設定方法

スポンサーリンク

スマートフォンやタブレットの「テザリング」機能でPCと接続する場合、「Wi-Fiテザリング」を選択する人が大半でしょう。

それ以外にも「USBテザリング」や「Bluetoothテザリング」がテザリングの種別としてありますが、最も使いやすくかつ通信も安定して速いのは「Wi-Fiテザリング」なので、一番使う機会が多い接続方法となります。

関連記事

[Android] スマートフォンとMacでUSBテザリングする方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

関連記事

[Android] スマートフォンとMacでBluetoothテザリングする方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

一方、Wi-Fiテザリングの欠点として、通常はテザリング中にアクセスポイントとなるスマートフォンのネットワーク名(SSID)が周囲に公開されるため、不特定多数の第三者より不正アクセスされるリスクがあります。

またテザリングを利用できる機種を無制限に接続許可してしまうと、スマートフォンのデータ通信上限量が心配になります。

ここで、実はAndroidの機種によっては、このネットワーク名(SSID)を非公開(ステルス化)させたり、予め登録した機種以外テザリングへの接続を制限(MACアドレスフィルタリング)する設定が標準で使えるケースがあります。

そこで本記事では、その方法を紹介しています。

具体的には、メーカー独自機能により当該機能が使える下記2機種に関して、Wi-FiテザリングのSSIDステルス化やMACアドレスフィルタリングを設定する手順を說明しています。

Xperia A4 SO-04G(Android 5.0.2)

Galaxy S7 edge SC-02H(Android 7.0)

photo by Arismendy Polanco

スポンサーリンク

ステルス化/MACアドレスフィルタリングの設定方法

Wi-Fiテザリング特徴について

スマートフォンのテザリング機能3種類の中で、「Wi-Fiテザリング」はカンタンに接続でき、スピードも十分速い方法であるため、最もオーソドックスなテザリング接続方法です。

関連記事

[Android] スマートフォンとMacでWi-Fiテザリングする方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

一方でアクセスポイントとなるスマートフォン側のバッテリー負担が大きいため、スマートフォンを充電しながら接続したり、または電池がなくなっても問題ないシチュエーションで利用するのが理想です。

Wi-Fiテザリング含め、スマートフォンのテザリング機能については別記事で詳細にまとめています。

関連記事

スマートフォンのテザリング機能特徴まとめ! Wi-Fi/Bluetooth/USB接続のメリットとデメリット

ネットワーク名(SSID)は周囲に公開される仕様

スマートフォン側でWi-Fiテザリング機能をオンにすると、周囲にあるPCやゲーム機にて当該スマートフォンのネットワーク名(SSID)を見つけることができます。

もちろん、接続を成立させるためにはパスワードが必要ですが、特別な技術を持つハッカーから不正アクセスされるリスクはゼロではなく、またネットワーク名(SSID)に含まれる個人情報が一般公開される点でも懸念が残ります。

一時期、iPhoneやiPadでテザリング中に、使用者の本名が周囲に流出するリスクがあると話題になりました。

関連記事

[iPhone / iPad] テザリングやAirDropに表示される名前を変更して 本名が流出するのを防ぐ方法

Android機種によってはSSIDを非公開(ステルス化)等できる

以上より、Wi-FIテザリングは便利な反面、不正アクセスや個人情報流出の観点でリスクもあるため、状況に応じてネットワーク名(SSID)を非公開(ステルス化)するのが理想です。

また、さらに強固なセキュリティ実現のため、予めテザリングを利用できる端末を登録しておき、それ以外の端末はパスワードを知っていても接続を制限(MACアドレスフィルタリング)できるとさらに良いでしょう。

ただ、現時点までAndroidのテザリング機能にそのようなオプションを付与するアプリは見つかっていないため、Androidの機種ごとメーカー独自で実装している機能を活用するしか手段はありません。

root権限取得により解決策が見つかる可能性もありますが、本記事では考慮外とします。

ボクが確認した限りは、XperiaシリーズとGalaxyシリーズはそのようなオプションが付与されているケースが多いと感じます。

もちろん、全てのXperia / Galaxy機種を検証したわけではありませんが、下記より実際にボクが保有する2機種に関して、Wi-FIテザリング時にネットワーク名(SSID)を非公開(ステルス化)する方法を紹介します。

Xperia A4 SO-04G(Android 5.0.2)

Galaxy S7 edge SC-02H(Android 7.0)

またGalaxy S7 edge(SC-02H) に関しては、加えてMACアドレスフィルタリングを設定する手順も說明します。

テスト①:Xperiaのテザリングをステルス化してみる

まず1つ目のテストとして、Xperia A4(SO-04G)において、Wi-Fiテザリングのネットワーク名(SSID)を非公開(ステルス化)してみます。

最初にいつもの手順で「設定」から「テザリング」を開き、

「Wi-Fiテザリング」をオンにします。もちろんクイック設定から行ってもOKです。

より詳細な設定方法は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] スマートフォンとMacでWi-Fiテザリングする方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

この状態だとXperiaのネットワーク名(SSID)は周囲に公開されているため、近くのPC上で確認できます。

一方、同じく「テザリング」設定画面でWi-Fiテザリングをオンにした状態で「Wi-Fiテザリング設定」へ進み、「検出可能」をオフにすると、

Xperiaのネットワーク名(SSID)は非公開となり、近くのPC上でも確認できなくなります。

ステルス状態のXperiaへ接続するには、手動でSSIDとパスワードを入力する必要があります。

例えばMacの場合、メニューバーのWi-Fiアイコンより「ほかのネットワークに接続…」へ進み、

Xperiaのネットワーク名(SSID)とパスワードを直に入力して接続すると、

無事、接続できます。

接続に失敗する場合、正しいネットワーク名(SSID)とパスワードの組み合わせか今一度確認して下さい。

つまりネットワーク名(SSID)が周囲に非公開となっていても、SSIDとパスワードの組み合わせを知っている所有者はいつも通り接続ができる仕様となっています。

テスト②:Galaxyのテザリングをステルス化してみる

次に2つ目のテストとして、Galaxy S7 edge(SC-02H)において、Wi-Fiテザリングのネットワーク名(SSID)を非公開(ステルス化)してみます。

最初にいつもの手順で「設定」から「接続」→「テザリング」と進み、「Wi-Fiテザリング」をオンにします。

先ほど同様、この状態だとGalaxyのネットワーク名(SSID)は周囲に公開されているため、近くのPC上で確認できます。

一方、同じく「テザリング」設定画面でWi-Fiテザリングの詳細設定へ進み、右上のメニューをタップして、

「Wi-Fiテザリングを設定」にて「マイデバイスを非表示」にチェックを入れます。

するとGalaxyのネットワーク名(SSID)は非公開となり、近くのPC上でも確認できなくなります。

先ほど同様にステルス状態のGalaxyへ接続するには、手動でSSIDとパスワードを入力する必要があります。

「マイデバイスを非表示」にチェックを入れると、「他のデバイスからの接続方法」の説明文上でも「手動で・・・」と手順内容が変化する。

同じくネットワーク名(SSID)とパスワードの組み合わせを知っている所有者だけが接続できる仕様となります。

テスト③:GalaxyでMACアドレスフィルタリングを試す

最後に3つ目のテストとして、Galaxy S7 edge(SC-02H)において、Wi-FiテザリングにMACアドレスフィルタリングを施し、許可した端末のみ接続を許可する設定を行います。

テスト②と同様の手順で、「テザリング」設定画面でWi-Fiテザリングの詳細設定へ進み、右上のメニューをタップして、

「許可デバイス」をタップして「許可デバイスのみ」のトグルをオンにします。

その後、右上「追加」より許可したい端末のMACアドレス情報を入力します。

そのため、許可したいデバイスごとに端末のMACアドレス情報を調べる必要があります。

例えばMacの場合、メニューバーのAppleアイコンより「このMacについて」へ進み、

概要タブ内の「システムレポート」をクリック。

左メニューで「ネットワーク」→「Wi-Fi」と表示を切り替えれば「MACアドレス」を確認できます。

他にも、option を押しながらメニューバーのWi-Fiアイコンをクリックすると、「アドレス」の部分から「MACアドレス」を確認できて便利です。

関連記事

[Mac] 接続中Wi-FiのIPアドレスやセキュリティ情報をメニューバーからすぐに確認する方法

Wi-Fiテザリングへの接続を許可したいデバイスのMACアドレス情報が分かれば入力し「追加」をすれば、以後ネットワーク名(SSID)とパスワードの組み合わせを知っていても、登録した端末以外からテザリングを利用できなくなります。

MACアドレスフィルタリングによって許可されたデバイスのテザリング接続中は「接続デバイス」に名前が表示され、

名前をタップするとデバイスの「IPアドレス / MACアドレス / 接続日時 / 接続時間」情報が表示されます。

また、名前横の赤い−(マイナス)アイコンをタップすると、「許可デバイスから削除」を実行できます。

〆:Androidのテザリング機能を高度に使いこなそう!

以上、[Android] スマートフォンのWi-FiテザリングでSSIDステルス化/MACアドレスフィルタリングの設定方法 の說明でした。

本記事で取り上げた高度なテザリングオプション(SSIDステルス化 / MACアドレスフィルタリング)は、Xperia A4(SO-04G)とGalaxy S7 edge(SC-02H)を例に說明しましたが、他のXperia or Galaxyシリーズはもちろん、一部のHTCやLG製のスマートフォンでも利用可能なようです。

参考 Y! mobile – HTC Aria (S31HT) MACアドレスフィルタリング設定方法

参考 juggly.cn – LG G5ではWi-FiテザリングのSSIDステルスの設定が可能

ご自身のAndroid機のWi-Fiテザリング設定を見てみて、もしオプションが用意されていればぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい