[Android] スクリーン画面を常時オンにする方法まとめ! ディスプレイを常に点灯させよう

スポンサーリンク

Androidではディスプレイ設定からスリープモードへ入るまでの時間調整ができますが、一方で「特定条件下で画面をオンにする」といった設定はありません。

例えば「充電中は画面を常時オンにする」だったり、「ポケットから取り出したら画面をオンにする」だったり、を自動的に制御できたら便利ですよね。

そこで本記事では、Androidにおいて特定条件下でスクリーン画面を常時オンにする方法をまとめて紹介します。

関連して、画面を常時オンにする機能ではありませんが、一部情報(例:時計・カレンダー・通知内容)をスリープ解除せずとも判別できる方法も記載しているので、ぜひご覧あれ。

photo by USA-Reiseblogger

スポンサーリンク

Androidで画面を常時オンにする方法まとめ!

本記事では、特定の条件で画面を常時オン(点灯)とする下記4つの方法を說明しています。

さらに関連して、画面を常時オンにはできませんが、一部情報についてスクリーンを表示せずとも判別できるようにしたり、スリープ開始までの時間を延長したりする方法も紹介しています。

それぞれ順番に解説します。

その①:充電中に画面を常時オン – 開発者向けオプション

まず1つ目が「充電中に画面を常に表示させる」設定方法で、Androidの隠れオプション「開発者向けオプション」を使って実現できます。

メリット:サードパーティ製アプリのインストール不要で、充電中は常に画面を点灯できる

デメリット:細かいカスタマイズができない

「スリープモードにしない」トグルをタップして有効化することで、電源接続中はスリープモードがオフとなり、常に画面が点灯されたままとなります。

一方でAndroidのステータスに関わらず、充電中は常にスリープモードがオフとなるため、例えば「バッテリー残量が少ない場合はスリープモードに入る」など細かいカスタマイズができないのが欠点でもあります。

詳細な手順は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

[Android] 充電中に画面を常時オンにする方法! 開発者向けオプションでスリープモードを防止

その②:充電中に画面を常時オン – MacroDroid

同様に2つ目も「充電中に画面を常に表示させる」設定方法で、Android向け自動化アプリ「MacroDroid」を使って実現できます。

メリット:細かい条件を決めて、充電中は常に画面を点灯できる

デメリット:事前に必要となる設定が面倒

Androidに「MacroDroid」アプリをインストールし、

下記のようなマクロを有効化することで、

【マクロ①】

トリガー:電源に接続(充電を開始したら)

アクション:画面を常時点灯(画面オンを有効化)

条件:電池残量(バッテリーが50%以上の時)

【マクロ②】

トリガー:電源切断(充電を終了したら)

アクション:画面を常時点灯(画面オンを無効化)

条件:任意(設定しなくてもOK)

スリープモード設定に関わらず、電源接続後は画面が常時オンとなり、電源切断後は常時オンが解除され、スリープモードに入るようになります。

上記マクロ例で設定した通り、「バッテリー残量が少ない時は電源接続時でも画面を常時オンにしない」といった細かいカスタマイズも実現できるのが長所ですが、一方で事前にマクロを設定するのが面倒なのが欠点でもあります。

詳細な手順は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

[Android] 充電中に画面を常時オンにする方法! 電源接続/切断をトリガーに画面点灯を制御できる

その③:本体の傾きや向きを感知して画面をオン – Gravity Screen

次に3つ目は「机に置く」・「ポケットから取り出す」などAndroid本体の傾きや向きを感知して画面を自動でオンにする設定方法で、Android向けアプリ「Gravity Screen」を使って実現できます。

メリット:必要なシーンで自動的にスリープ解除して画面をオンにできる

デメリット:うまく検知できず正常に動作しないこともある

「Gravity Screen」はAndroidに搭載される「近接センサー」と「重力センサー」を利用して、本体の傾きや向きを感知してスリープ解除等を自動化できる面白いアプリです。

Gravity Screen - On/Off
Gravity Screen - On/Off
Developer: Plexnor
Price: Free+

一方、スマートフォンのセンサー機能がうまく動作せず、スリープ解除して欲しい状況にも関わらず正常に動作しないこともあるのが欠点です。

詳細については別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Gravity Screen – 画面オンオフを様々な条件で制御! 電源ボタン不要でスリープ解除できる

その④:本体の傾きや向きを感知して画面をオン – ScreenOn

同じく4つ目もAndroid本体の傾きや向きを感知して画面を自動でオンにする設定方法で、Android向けアプリ「ScreenOn」を使って実現できます。

メリット:必要なシーンで自動的にスリープ解除して画面をオンにできる

デメリット:うまく検知できず正常に動作しないこともある

先に紹介した「Gravity Screen」と同様に、「ScreenOn」アプリはAndroidに搭載される「近接センサー」と「重力センサー」を利用して、本体の傾きや向きを感知してスリープ解除等を自動化できる面白いアプリです。

「Gravity Screen」は細かい動作条件などカスタマイズ可能ですが、バッテリー消耗に難があるのとアプリ設定が少し複雑という欠点もあり、よりシンプルに(例:手首をひねる・近接センサーをダブルタップする)電源ボタンを押さずにスリープ解除したい方には「ScreenOn」がオススメです。

一方、スマートフォンのセンサー機能がうまく動作せず、スリープ解除して欲しい状況にも関わらず正常に動作しないこともあるのが同じく欠点となります。

詳細については別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

ScreenOn – 電源ボタンを押さずにスリープ解除! スクリーン画面オンをコントロールできる

参考①:Always On Displayを有効 – Always On AMOLED

そしてここからは、画面を常時表示する機能ではありませんが、スリープ中でも一部情報を判別できるようになる機能やアプリを紹介しています。

まず1つ目は「Always On Displayを有効にする」設定方法で、Android向けアプリ「Always On AMOLED」を使って実現できます。

メリット:バッテリーを節約しつつ、時計やカレンダーなどを常時画面に表示できる

デメリット:「AMOLED」ディスプレイを搭載しない機種では、バッテリー消耗が大きい

Always On Display」とは、Galaxy S7シリーズで導入された目玉機能で、ディスプレイ消灯中であっても画面上に時計やカレンダー、届いている通知などを常時表示できるため、電源ボタンに触らずとも情報の確認が可能となります。

関連記事

[Galaxy S7] Always On Displayの使い方! ディスプレイ消灯中も時計やカレンダーを常時表示

本来はGalaxyに限定された機能ですが、「Always On AMOLED」アプリを入れることでそれ以外のAndroid機種にも「Always On Display」を再現することができます。

Always On AMOLED
Always On AMOLED
Developer: Tomer Rosenfeld
Price: Free+

あくまでスリープモード中でも一部情報を画面に表示できる機能であるため、厳密には「スクリーン画面を常時オンにする」とは言えませんが、バッテリーを節約しつつ時計やカレンダーなど「よく確認する情報」を画面に表示できるのが長所となっています。

一方、ディスプレイ消灯中も常に画面が表示され続けるという特徴から、「AMOLED」ディスプレイ搭載機種向けのアプリとなっており、「液晶ディスプレイ」搭載機種ではかえってバッテリー消耗が激しくなるリスクもあり注意が必要です。

詳細については別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Always On AMOLED – 全Android機種でAlways On Display機能を再現できるアプリ

参考②:LEDランプの色でアプリ通知を判別 – Light Manager

次に2つ目として、AndroidのLEDランプを変化させ、光の色でどのアプリからの通知か判別できる「Light Manager」アプリを紹介します。

メリット:画面を表示せずともランプ色で届いた通知を判別できる

デメリット:アプリごと通知の色を記憶する必要あり

本記事で取り上げている「画面を常時表示する」を実現したい目的が、「どのアプリに通知が届いたかをすぐに確認したい」であるなら、「Light Manager」を使うことでアプリの通知ごとにLEDランプの色をカスタマイズできるので、点滅する光を見るだけで通知を判別できます。

Light Manager - LED Settings
Light Manager - LED Settings

ただ設定する色が多岐に渡るほど、アプリごと通知の色を記憶する必要があるのが欠点でもあります。

詳細については別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Light Manager – スマホLEDランプを変化させ 光の色でどの通知か判別できるアプリ [Android]

参考③:スリープを一定時間解除する – Caffeinate

次に3つ目として、通常設定している時間とは別に、スリープまでの時間を個別に伸ばすことができる「Caffeinate」アプリを紹介します。

メリット:状況に応じてスリープ(=画面消灯)開始時間を延長できる

デメリット:最大で60分後が上限なので永続的に画面オンにはできない

本記事で取り上げている「画面を常時表示する」は、言い換えれば「スリープにしない」となるため、「Caffeinate」を使うことで通常設定しているスリープ開始までの時間を延長することで、実質的に画面消灯をさせずにAndroidを使用することができます。

Caffeinate
Caffeinate
Price: Free

ただスリープ開始までの時間は60分後が上限と決まっているため、永続的に画面点灯を維持できない欠点もあります。

詳細については別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Caffeinate – スリープを一定時間解除! 画面消灯の開始時間を状況に応じて伸ばせる無料アプリ

〆:目的に合わせて最適な機能を利用しよう

以上、[Android] スクリーン画面を常時オンにする方法まとめ! ディスプレイを常に点灯させよう の說明でした。

用途に合わせて「充電を開始する」や「ポケットから取り出す」をトリガーに、画面を自動でオンにする設定を組んでみて下さい。

また、もし「画面を常に点灯させたい」目的が「時計やカレンダーの内容を確認したい」や「どのアプリに通知が届いたかをすぐに確認したい」であるなら参考情報の2機能で十分です。

色々と手段はあるので、それぞれの目的に合わせて最適な機能(アプリ)を使ってみて下さい。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい