Androidでapkファイルを抽出する方法! インストール先の保存場所からダウンロードしよう

スポンサーリンク
Android

本記事では、Androidにインストールされているアプリのapkファイルを抽出する方法を解説します。

特に難しい操作ではないので、万が一に備えアプリを復元手段を確保しておきたいなら、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidでapkファイルを抽出する方法

このパートでは、具体的にapkファイルを取り出す操作手順を解説します。

最初にapkファイルとして保存するメリット/デメリットにも触れているので、合わせてどうぞ。

説明の流れ
  • 前提
    apkファイルを抽出するとは? -メリット/デメリット-
  • 方法①
    専用アプリでインストール中のapkを抽出する
  • 方法②
    adbコマンドでインストール中のapkを抽出する

前提:apkファイルを抽出するとは? -メリット/デメリット-

apkファイルとは、Android向けアプリを構成するパッケージを指します(ファイル拡張子は .apk )。

▼アプリをapkとしてバックアップするメリット/デメリット

メリットデメリット
  • いつでも好きなバージョンに戻せる
  • Playストアから消えたアプリも再入手できる
  • 対象機種から外れた端末にもインストールできる
  • それまでのデータは引き継がれない

メリットはアプリの復元です。

Androidのアプリは通常、PlayストアアプリのアイコンPlayストアから入手できます。が、ある日突然アップデートされてたり、配信が停止するケースがあります。

そのようなシーンで、apkファイルをバックアップしておけば、いつでも現状のアプリを復元することが可能です。

アプリをapkとしてバックアップするメリットの説明

フォートナイトの例。Playストアから消えているが、apkがあれば再インストールできる。

一方デメリットとして、apkファイル単体ではデータを引き継ぐことができず、アプリは初期化されます。

そもそもAndroidのアプリは、①アプリ本体と②アプリデータから構成されますが、apkファイルは①を指します。

従ってapkファイルだけを抽出しても、データはバックアップされません。

以上が、apkファイル抽出のカンタンな特徴です。

本記事では、その具体的な手順として2パターンを解説します。

  1. 専用アプリでインストール中のapkを抽出する
  2. adbコマンドでインストール中のapkを抽出する

どちらも、プリインストールアプリやシステムアプリ含め、apkを取り出せます。

スマートフォン上の操作だけで完結したいなら1を、「PC環境がある」・「サードパーティ製アプリを使いたくない」等の理由があれば2をどうぞ。

方法①:専用アプリでインストール中のapkを抽出する

サードパーティ製アプリを使えば、スマートフォン上の操作でapkファイルを抽出できます。

パソコンはもちろん、root環境も不要です。

特にオススメのアプリを2つ紹介します。

アプリ特徴
Apk Extractorのアイコン
Apk Extractor
  • シンプルな操作性
Apps Backup & Restoreのアイコン
Apps Backup & Restore
  • バックアップ・復元機能が多様
  • 日本語に対応

単純にapkファイルを抽出するだけなら、Apk ExtractorのアイコンApk Extractorがオススメです。

一方、「バックアップ先としてSDカードを指定したい」・「復元機能もサポートしてほしい」など、より多機能なアプリを探しているなら、Apps Backup & RestoreのアイコンApps Backup & Restoreも試す価値アリです。

アプリ①:Apk Extractorの使い方

Apk Extractor
Apk Extractor
Developer:meher
Price:Free

使い方はシンプル。

起動するとインストール中アプリ一覧が表示されるので、抽出したいアプリをタップするだけでOK。

Apk Extractorの使い方1

メモ帳アプリのapkファイルを抽出した例。

内部ストレージ直下に自動生成される「ExtractedApks」フォルダに、apkファイルが保存されます。

Apk Extractorの使い方2

メモ帳アプリのapkファイルが保存される例。

複数アプリをまとめて抽出したい場合、長押しメニューから該当アプリにチェックを入れ、Apk Extractorの抽出アイコン抽出アイコンをタップすればOK。

Apk Extractorの使い方3

Facebook/Kindle/LINEのapkをまとめて抽出する例。

なおデフォルトの状態で、システムアプリ含めすべて表示されます。

数が多く見づらい場合、SettingsShow all applications をオフにすれば、システムアプリを非表示へ切り替え可能です。

Apk Extractorの使い方4

メニューから share を選べば、外部のオンラインストレージ等へ転送もできます。

Apk Extractorの使い方5

LINEのapkを外部へ共有する例。

なおデフォルトの保存先については、内部ストレージの好きな場所へ変更可能です。

SDカードなど外部ストレージは選択できません。

SettingsSaved path ではデフォルトで次の場所が表示されるので、←をタップ。

/storage/emulated/0/ExtractedApks

Apk Extractorの使い方6

内部ストレージが表示されるので、好きなディレクトリを選び決定すればOK。

Apk Extractorの使い方7

新たな保存先として「Download」フォルダを選んだ例。

以上、Apk ExtractorのアイコンApk Extractorの使い方でした。

とりあえずapkファイルを抜き出したいなら、オススメです。

なお抽出したapkファイルの再インストールはアプリ内でサポートされないため、手動で操作が必要です。

Apk Extractorの使い方8

例えば、Android上の操作でapkファイルを選択すればインストールできる。

アプリ②:Apps Backup & Restoreの使い方

次の流れで、Apps Backup & RestoreのアイコンApps Backup & Restoreの使い方を説明します。

  1. 基本的な操作の流れ(バックアップ~復元)
  2. Googleドライブへバックアップする方法
  3. SDカードへバックアップする方法
1. 基本的な操作の流れ(バックアップ~復元)

「インストールされました」タブには、インストール済みのアプリ一覧と、アプリバージョンが表示されます。

この中からapkファイルを抽出したいアプリをチェックし、バックアップ を実行します。

複数のアプリにチェックを入れれば、まとめて抽出も可能です。
Apps Backup & Restoreの使い方1

メモ帳の例。①アプリをチェックして②バックアップ(左)、完了と表示されればOK(右)。

バックアップされたデータは「アーカイブされました」タブにて確認できます。

また内部ストレージ直下に自動生成される「App_Backup_Restore」フォルダに、apkファイルが保存されます。

Apps Backup & Restoreの使い方2

メモ帳アプリのapkファイルが保存される例。

抽出したapkファイルは、「アーカイブされました」タブから自由に復元可能です。

Apps Backup & Restoreの使い方3

ポケモンGOの例。①アプリをチェックして②復元(左)、「インストールしました」と表示されればOK(右)。

なおApps Backup & RestoreのアイコンApps Backup & Restoreで初めて復元する際は、提供元不明アプリに関する権限付与が求められます。

Apps Backup & Restoreの使い方4

画面に従い、提供元不明アプリのインストールを許可すればOK。

以上が基本操作の流れです。

さらに設定からバックアップをスケジュールして自動化も可能です。

以降からは、Apps Backup & RestoreのアイコンApps Backup & RestoreのバックアップデータをGoogleドライブのアイコンGoogleドライブまたはSDカードに保存する手順を解説します。

2. Googleドライブへバックアップする方法

Apps Backup & RestoreのアイコンApps Backup & Restoreのバックアップデータは、内部ストレージの下記場所へ保存されます。

/storage/emulated/0/App_Backup_Restore

万が一に備え、GoogleドライブのアイコンGoogleドライブへバックアップすることも可能です。

「グーグルドライブ」タブで アカウントを追加する より、対象のGoogleアカウントを選択。

Apps Backup & RestoreをGoogleドライブへバックアップする手順1

Apps Backup & RestoreのアイコンApps Backup & Restoreの接続を許可すると、GoogleドライブのアイコンGoogleドライブに次のフォルダが生成されます。

App_Backup_Restore/apk
Apps Backup & RestoreをGoogleドライブへバックアップする手順2

(左)Apps Backup & Restoreの接続を許可する画面 (右)Googleドライブにフォルダが生成される

すでにバックアップ済みのアプリがある場合、GoogleドライブのアイコンGoogleドライブへアップロードも可能です。

Apps Backup & RestoreをGoogleドライブへバックアップする手順3

(左)バックアップ済みアプリデータを移す (右)バックアップしたアプリデータを確認できる

これで万が一、Android本体のデータが消えても、GoogleドライブのアイコンGoogleドライブにapkファイルがバックアップされているので安心です。
3. SDカードへバックアップする方法

Apps Backup & RestoreのアイコンApps Backup & Restoreのバックアップデータは、内部ストレージの下記場所へ保存されます。

/storage/emulated/0/App_Backup_Restore

もしSDカードがあれば、保存先を変えることも可能です。

メニューより 現在の保存 を開き、Internal Storage(内部ストレージ)からSDカードへ切り替え、 スイッチ をタップ。

Apps Backup & RestoreをSDカードへバックアップする手順1

初回のみ、Apps Backup & RestoreのアイコンApps Backup & RestoreのSDカードに対するアクセス権限を与える必要があります。

画面に従いSDカードを開き、

Apps Backup & RestoreをSDカードへバックアップする手順2

SDカードの中身を表示した状態で 選択 を実行すれば、保存先がSDカードへ変更となります。

Apps Backup & RestoreをSDカードへバックアップする手順3

これで万が一、Android本体のデータが消えても、SDカードにapkファイルがバックアップされているので安心です。

以上、Apps Backup & RestoreのアイコンApps Backup & Restoreの使い方でした。

外部ストレージとの連携や、復元するapkファイルの管理をしたいニーズがあれば、オススメです。

方法②:adbコマンドでインストール中のapkを抽出する

adbコマンド環境の整ったパソコンがあれば、インストール中アプリのapkを抽出し、そのままパソコンへ保存できます。

次の順番で説明します。

  1. パソコンのadb環境等を用意する
  2. 対象アプリのパッケージ名を調べる
  3. 対象アプリの保存先(パス)を調べる
  4. 対象アプリのapkを抽出する(adb pull)

1. パソコンのadb環境等を用意する

次の3つを用意します。

  • パソコンのadb環境を用意する
  • USBケーブルを用意する
  • 開発者向けオプションの設定を変える(USBデバッグ)
パソコンのadb環境を用意する

お使いのパソコンでadbコマンドを使用できる環境を用意して下さい。

Windows・Macそれぞれにおける手順は関連記事で解説しています。

Windowsでadbコマンドを使う方法! Android SDKを入れてパソコンのコマンドプロンプトから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...
Macでadbコマンドを使う方法! Android Studioを入れてmacOSのターミナルから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...
USBケーブルを用意する

パソコンとAndroidを接続するケーブルも必要です。

スマートフォンのUSB端子形状(micro USB / Type C)に合わせ用意しましょう。

開発者向けオプションの設定を変える(USBデバッグ)

Android設定アプリのアイコン設定の システム から 開発者向けオプション を開きます。

開発者向けオプションを開く手順

開発者向けオプションの一覧より、USBデバッグをONに変更して下さい。

開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にする手順

2. 対象アプリのパッケージ名を調べる

adbコマンドを実行する際、対象アプリのパッケージ名を指定する必要があります。

【パッケージ名とは?】 – アプリごと決められたユニークな文字列(=アプリケーションID)のこと。パッケージ名が異なれば、たとえアプリの名称は同じでも、別アプリとして認識される。

▼パッケージ名の一例

アプリ名パッケージ名
Amazonショッピングアプリのアイコン
Amazonショッピングアプリ
com.amazon.mShop.android.shopping
Facebookのアイコン
Facebook
com.facebook.katana
LINEアプリのアイコン
LINE
jp.naver.line.android
メモ帳のアイコン
メモ帳
com.komorebi.memo
同じアプリでも、バージョンが違うとパッケージ名も異なる場合があります。実際に、お使いの端末で調べてみることをオススメします。

パッケージ名の調べ方はいろいろあり、例えばAplinのアイコンAplinというアプリが便利です。

Androidアプリのパッケージ名を調べる手順

赤線部分がパッケージ名を表す。

3. 対象アプリの保存先(パス)を調べる

apkを抽出したいアプリが、Android内で保存される場所(=パス)を確認します。

AndroidとUSB接続した上で、パソコン側でadbコマンドを入力していきます。

下記コマンドをペーストし、「アプリのパッケージ名」にapkを抽出したいアプリを入れます。

adb shell pm list packages -f | findstr <アプリのパッケージ名>
パソコンがMacなら”findstr”の部分を”grep”として下さい。
adbコマンドで対象アプリの保存先(パス)を調べる手順1

メモ帳アプリのパッケージ名を入力した例。

すると結果として”package”以降に表示される「〜.apk」の部分が、アプリが保存されるパスを示します。

/data/app/・・・(アプリによって異なる)・・・/base.apk
adbコマンドで対象アプリの保存先(パス)を調べる手順2

メモ帳アプリのパスの例。

4. 対象アプリのapkを抽出する(adb pull)

次のadbコマンドで、対象アプリのapkファイルを抽出します。

<アプリのパス>に先ほど確認した場所を入れます。
adb pull <アプリのパス>
adb pullで対象アプリのapkを抽出する手順1

メモ帳アプリのapkを抽出する例。

すると抽出作業が始まり、しばらく待つとパソコン上にapkファイルが保存されます。

adb pullで対象アプリのapkを抽出する手順2

ファイル名「base.apk」として抽出できた。

以上、adbコマンドを使った手順の説明でした。

慣れるまで面倒ですが、合わせてapkインストールや削除なども操作するのであれば、知っておくべき内容となります。

 

補足:Androidアプリのapkファイル抽出に関するアレコレ

このパートでは、apkファイル抽出に関わる細かい情報を補足します。

インストール先の保存場所を表示する方法など、取り上げているので、興味があればどうぞ。

説明の流れ
  • 補足①
    抽出したapkファイルをインストールする方法
  • 補足②
    apkファイルの保存場所(パス)について
  • 補足③
    Android 11でAndroid/dataフォルダにアクセスする方法
  • 補足④
    アプリの保存先をSDカードに変える方法
  • 補足⑤
    アプリのバージョンをダウングレードする方法
  • 補足⑥
    Playストアから消えたアプリを再インストールする方法
  • 補足⑦
    日本のPlayストアで未公開のアプリを入手する方法
  • 補足⑧
    アプリ全体(本体+データ)をフルバックアップする方法

抽出したapkファイルをインストールする方法

apkファイルは様々な方法で、Androidにインストールできます。

例えばスマートフォン上の操作だけで導入する場合、Android設定アプリのアイコン設定から 提供元のアプリを許可 する必要があります。

Androidで提供元のアプリを許可する手順

Apps Backup & Restoreで許可操作する例。

またパソコンのadb環境があれば、次のコマンドでインストールも可能です。

adb install <パソコンに保存したapkファイルのパス>
adbコマンドでapkをインストールする手順

LINEアプリのapkをadbコマンドでインストールした例。

このあたりの情報をまとめて、関連記事【Androidでapkファイルを入手/インストールする方法まとめ! スマホのアプリをダウンロードしよう】で解説しています。

Androidでapkファイルを入手/インストールする方法まとめ! スマホのアプリをダウンロードしよう
この記事では、apkファイルの保存および導入方法をまとめています。インストールできないエラーも解説します。

apkファイルの保存場所(パス)について

Androidにインストールされているアプリのapkファイルは、次の場所に存在します。

▼通常のアプリ

/data/app/
apkファイルの保存場所(パス)の説明1

Chromeアプリの例。

▼システム系アプリ

/system/app/
apkファイルの保存場所(パス)の説明2

システムアプリEaster Eggの例。

どちらもシステム領域の場所であり、root権限がないと閲覧することはできません。

上記スクリーンショットは、root権限を持つPixel 3a XLのアプリX-plore File ManagerのアイコンX-plore File Managerで表示しています。

ただアプリのパッケージ名さえ分かれば、下記2つのadbコマンドを組み合わせてapkファイルの抽出が可能です。

▼アプリの保存先(パス)を調べる

adb shell pm list packages -f | findstr <アプリのパッケージ名>

▼アプリのapkを抽出する

adb pull <アプリのパス>
詳細は前パートで解説のとおりです。

Android 11でAndroid/dataフォルダにアクセスする方法

Android 11以降、次の場所にあるファイルが見れなくなりました。

この場所には、アプリ関連のデータが入っています。
/storage/emulated/0/Android/data/
Android 11でAndroid/dataフォルダにアクセスする手順1

Android/dataフォルダを開いても、「ファイルはありません」と出る。

これはAndroid 11でセキュリティが強化されたため、サードパーティ製アプリからアクセスが制限されたことが原因です。

解決策として、プリインストールのファイル管理アプリを使用すればOK。

Xperia 10 II(Android 11)を例に説明します。

起動方法はいろいろありますが、例えばAndroid設定アプリのアイコン設定より ストレージ内部共有ストレージ と進み、

Android 11でAndroid/dataフォルダにアクセスする手順2

ファイル を選べば、標準のファイル管理アプリが起動します。

後は Android

Android 11でAndroid/dataフォルダにアクセスする手順3

data と開けば、中にあるファイルを表示できるようになります。

Android 11でAndroid/dataフォルダにアクセスする手順4

Android/dataフォルダを開き、ファイルが見えるようになる。

ちなみに、Androidの内部ストレージで表示される代表的なフォルダは下記通りです。

フォルダ名主な保存ファイル
Downloadダウンロードしたファイル
DCIMカメラで撮影した画像や動画
Picturesスクリーンショットやダウンロードした画像類
Moviesダウンロードした動画類
Androidアプリデータ
Notifications通知音の音源ファイル
Ringtones着信音の音源ファイル
Alarmsアラーム音の音源ファイル

各フォルダの役割について、詳細は関連記事【Androidのフォルダ構成とは? 内部ストレージ/SDカードのディレクトリを管理しよう】で解説しています。

Androidのフォルダ構成とは? 内部ストレージ/SDカードのディレクトリを管理しよう
この記事では、Androidのフォルダ構成と管理方法を解説します。ダウンロードしたファイルやカメラで撮影した画像、アプリデータなどが保存される内部ストレージやSDカードのディレクトリを説明しています。

アプリの保存先をSDカードに変える方法

Androidのアプリは本体の内部ストレージに保存され、原則SDカードへ変えることはできません。

が、SDカードを内部ストレージ化すれば、この制約を突破できます。

Androidでアプリの保存先をSDカードに変える手順1

ねこあつめの保存先をSDカードに変更する例。

PlayストアのアイコンPlayストアからインストールするアプリの保存先も、自動的にSDカードへ変わります。

Androidでアプリの保存先をSDカードに変える手順2

どうぶつの森アプリの例。自動でインストール先がSDカードに変更される。

説明が長くなるため、詳細は関連記事【AndroidでSDカードを内部ストレージ化してアプリを移動する方法! スマホの外部ストレージをフォーマットしよう】で解説しています。

AndroidでSDカードを内部ストレージ化してアプリを移動する方法! スマホの外部ストレージをフォーマットしよう
この記事では、AndroidのSDカード内部ストレージ化とアプリ移動について解説します。PCでadbコマンドを使えば、全機種に適用できます。その他、注意点やよくあるトラブルを説明しています。

アプリのバージョンをダウングレードする方法

Androidアプリの最新バージョンはPlayストアアプリのアイコンPlayストアで入手できますが、過去のバージョンは配布されません。

従って、古いバージョンのapkファイルを自分で用意・インストールすることで、アプリのダウングレードを実現できます。

apkファイルを用意する方法は、主に3パターンあります。いずれも基本的にパソコン不要です。

方法メリットデメリット
①:Android端末内から
apkを抽出する
  • どのアプリでも使える
  • 好きなバージョンに戻せる
  • ウイルス感染等の
    リスクが低い
  • 日頃からapkファイルの
    バックアップが必要
②:ネットから古いバージョン
のapkを入手する
  • どのアプリでも使える
  • 好きなバージョンに戻せる
  • 必要なときにapkを
    入手すればOK
  • ウイルス感染等の
    リスクあり
③:OSにプリインストール
されるapkを使う
  • apkファイルの準備は不要
  • ウイルス感染等の
    リスクが低い
  • プリインストールアプリ
    しか使えない
  • 戻せるバージョンを選べない

いずれの方法も共通して、バージョンダウンに伴い既存アプリが初期化されます。

が、さらに別の方法を使えば、データを保持したままダウングレードを実現することも可能です。

説明が長くなるため、詳細は関連記事【Androidアプリをダウングレードする方法! apkファイルをダウンロードして元の旧バージョンへ戻そう】で解説しています。

Androidアプリをダウングレードする方法! apkファイルをダウンロードして元の旧バージョンへ戻そう
この記事では、Androidアプリのバージョンダウン手順をまとめています。apkファイルを用意できればダウングレードは簡単です。もしアプリデータを保持したい場合、adb環境またはroot環境が必要です。

Playストアから消えたアプリを再インストールする方法

AndroidのアプリはPlayストアのアイコンPlayストア上から削除されると、検索しても表示できなくなります。

が、下記2点いずれかに該当すれば、復元できる可能性があります。

  1. Playストア上で購入履歴がある
  2. アプリのパッケージ(apkファイル)を保存している

前者は、PlayストアのアイコンPlayストアのメニューから マイアプリ&ゲームライブラリ と進み、アプリ一覧よりインストールすればOK。

後者は、アプリパッケージのバックアップが必要となりハードルは高めですが、apkファイルから再インストールが可能です。

詳細は関連記事【Playストアで消えたアプリを再インストールする方法! Androidで配信終了したアプリをダウンロードしよう】で解説しています。

Playストアで消えたアプリを再インストールする方法! Androidで配信終了したアプリをダウンロードしよう
この記事では、Playストアから消えたアプリを再インストールする方法を解説します。また、非表示となったPlayストアアプリ本体を見つける手順も説明しています。

日本のPlayストアで未公開のアプリを入手する方法

PlayストアのアイコンPlayストアで配布されるアプリの中には、様々な理由により「海外では配布されているけど、日本ではリリース(公開)されていないアプリ」が存在します。

言葉の通り、日本にいる限り通常は入手不可能なアプリとなりますが、とある手順を踏むことで日本に居ながらAndroidへインストールすることができます。

日本のPlayストアで未公開のアプリを入手する説明

(2017年6月時点で)日本未公開のアプリ「Sonic the Hedgehog」もインストールできた。

詳細は関連記事【Androidの海外アプリをインストールする方法! 日本で入手不可能なGoogle Playストアのゲームをダウンロードしよう】で解説しています。

Androidの海外アプリをインストールする方法! 日本で入手不可能なGoogle Playストアのゲームをダウンロードしよう
この記事では、日本で未公開の海外アプリを入手する方法を解説します。VPNでIPアドレスを外国偽装中に、新規Googleアカウントにログインした状態なら、海外限定アプリをインストールできます。

アプリ全体(本体+データ)をフルバックアップする方法

記事中でも触れたとおり、apkファイルだけ抽出してもデータは引き継げません。

もしアプリ本体+データをすべてバックアップしたい場合、主に3つの方法があります。

方法メリットデメリット
①:Heliumアプリ
を使う方法
  • 操作が簡単
  • 動作が不安定
  • パソコンが必要
②:PCのadbコマンド
を使う方法
  • 動作が安定してる
  • パソコンが必要
  • 操作が難しい
③:Titanium Backup
を使う方法
  • パソコンは不要
  • 動作が安定してる
  • 操作が簡単
  • root環境必須

「Android初期化後もアプリデータを完全に復元したい」・「機種変更後の新端末にゲームデータを引き継ぎたい」というケースで活躍します。

詳細は関連記事【Androidのアプリをフルバックアップする方法! 設定やセーブデータを保存して完全にまるごと復元しよう】で解説しています。

Androidのアプリをフルバックアップする方法! 設定やセーブデータを保存して完全にまるごと復元しよう
この記事では、Androidのアプリデータをフルバックアップする方法をまとめています。Helium・adbコマンド・Titanium Backupを使えば、アプリをまるごと復元できます。

 

〆:もしもの時に備えapkを抽出してると安心!

以上、Androidでapkファイルを抽出する方法! インストール先の保存場所からダウンロードしよう の説明でした。

多くのアプリはネット上でapkファイルが(無料で)配布されていますが、セキュリティ上のリスクもあるため、可能な限り自分自身で抽出する手段を知ってると安心です。

ぜひ、ご参考下さい。

参考 Android Developers – アプリのインストール場所

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました