Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Androidでダウンロードの保存先を変更する方法! スマホからSDカードに直接ファイルを移動しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidでブラウザ(例:Chrome)からファイルをダウンロードすると、基本的に内部ストレージの決められたフォルダへ自動保存されます。

ただ、次のようなニーズもあるでしょう。

  • SDカードに直接ダウンロードしたい
  • 内部ストレージの好きなフォルダにダウンロードしたい

そこで本記事では、これらニーズを実現する方法を2つ紹介します。

  1. ブラウザ標準設定でダウンロード保存先を変える
  2. 自動化アプリ「FolderSync」でダウンロード保存先を変える

どちらの方法でも、Androidのダウンロード保存先を変更できるようになります。

ただ2の方法なら、内部ストレージやSDカードの保存先ディレクトリまで細かく指定することが可能です。

それぞれ順番に解説するので、ぜひどうぞ。

photo by Khairil Yusof

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前提:Androidのダウンロード保存先の仕様について

Androidの内部ストレージには様々なフォルダが存在し、それぞれ異なる役割を持ちます。

フォルダ名主な保存ファイル
Downloadダウンロードしたファイル
DCIMカメラで撮影した画像類
Picturesスクリーンショットやダウンロードした画像類
Moviesダウンロードした動画類
Androidアプリデータ
Notifications通知音の音源ファイル
Ringtones着信音の音源ファイル
Alarmsアラーム音の音源ファイル

詳細は関連記事【Androidのフォルダ構成の基本的な意味! 内部ストレージのディレクトリの役割を理解しよう】で解説しています。

Androidのフォルダ構成の基本的な意味! 内部ストレージのディレクトリの役割を理解しよう
この記事では、Androidのフォルダ構成の基本的な意味について解説します。ダウンロードしたファイルやカメラで撮影した画像、アプリデータなどが保存される内部ストレージやSDカードのディレクトリを説明しています。

このうち、ブラウザ(例:Chrome)からダウンロードしたファイルは原則「Download」へ自動保存されます。

Androidでブラウザからダウンロードしたファイルは「Download」へ保存される

ファイル管理アプリで「Download」フォルダを表示した例。

例えば、内部ストレージ節約のためにSDカードを使用している場合、ダウンロードしたファイルを都度「Download」からSDカード内のディレクトリへ移動する操作が発生し、非常に面倒です。

この問題を、今回紹介する2つの方法で解決します。

  1. ブラウザ標準設定でダウンロード保存先を変える
  2. 自動化アプリ「FolderSync」でダウンロード保存先を変える

それぞれ順番に解説します。

 

ブラウザ標準設定 – Androidのダウンロード保存先を変える方法

Androidには様々なブラウザが存在しますが、各アプリの独自機能としてダウンロード保存先を変更できます。

今回は例として、次のブラウザアプリにおける手順を解説します。

Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順

Androidの主要ブラウザ「Google Chrome」は、バージョン 69.0より標準機能としてダウンロードしたファイルをSDカードへ保存可能となりました。

まずChromeメニューより「設定」→「ダウンロード」と進み、

Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順1

「ダウンロード場所」として「SDカード」をチェックすればOK。

Chromeでダウンロード保存先を変更する設定手順2

これでブラウザからのダウンロード保存先が内部ストレージからSDカードへ切り替わります。

より詳細な手順は、関連記事【Chromeのダウンロード保存先を変更する方法まとめ! スマホ・PCでファイルの保存場所を都度選択しよう】で解説しています。

Chromeのダウンロード保存先を変更する方法まとめ! スマホ・PCでファイルの保存場所を都度選択しよう
この記事では、Chromeのダウンロード保存先を変更する方法をまとめています。Android・iPhone・パソコンそれぞれ好きな場所へ保存できます。

Firefoxでダウンロード保存先を変更する設定手順

Androidの主要ブラウザ「Mozilla Firefox」は、隠れ機能「about:config」より内部ストレージの好きなフォルダへ保存先を切り替え可能です。

まずFirefoxの検索窓に下記を入力して、コンフィグ一覧を表示した後、

about:config

Firefoxでダウンロード保存先を変更する設定手順1

2つのコンフィグを指定の設定へ変更すればOK。

  • browser.download.folderList
  • browser.download.dir

内容が長くなるため、詳細は関連記事【Firefoxのダウンロード保存先を変更する方法まとめ! スマホ・PCでファイルの保存場所を都度選択しよう】で解説しています。

Firefoxのダウンロード保存先を変更する方法まとめ! スマホ・PCでファイルの保存場所を都度選択しよう
この記事では、Firefoxのダウンロード保存先を変更する方法をまとめています。Android・iPhone・パソコンそれぞれ好きな場所へ保存できます。

Viaでダウンロード保存先を変更する設定手順

ダウンロード先を内部ストレージの別フォルダへ変更するだけなら、ブラウザアプリ「Via」もオススメです。

保存先を「Download」から「Pictures」へ変更した例。

SDカードを変更先として選ぶことはできませんが、内部ストレージ直下であれば「Download」を経由せず直接指定したフォルダへダウンロードできます。

「Via」ブラウザの使い方や特徴は、関連記事【Androidの音量ボタンでブラウザをスクロールする方法! ボリュームキーでサイトを上下に動かそう】で解説しています。

Androidの音量ボタンでブラウザをスクロールする方法! ボリュームキーでサイトを上下に動かそう
Androidを片手で操作する機会が多いなら、側面の音量ボタンの上下キーでブラウザをスクロールできたら便利ですよね。 そこで本記事では、音量ボタンで表示しているページをスクロール操作できるAndroid向けブラウザ「Via」を紹介しま...

 

FolderSync – Androidのダウンロード保存先を変える方法

FolderSync
FolderSync
Developer: Tacit Dynamics
Price: Free

「FolderSync」というアプリを使えば、ブラウザからダウンロードしたファイルを端末内の指定ディレクトリへ定期的に移動させる設定が可能です。

先述したブラウザ標準機能を使った方法と比較して、内部ストレージやSDカード内の好きなフォルダを保存先として指定できる点でメリットがあります。

最初に設定する項目が多いため、正直面倒だと思います・・・が、仕組みさえ作れば、後は自動化できるので、試す価値アリです。

FolderSync初期設定の手順

チュートリアルの中でメディアデータへのアクセス権限を付与し、

トップ画面が表示されます。

続いて「FolderSync」アプリにSDカードへのアクセス権限を与えます。

この時点でAndroidにSDカードを入れておいて下さい。

左上メニューより「設定」へ進み、

「外部ストレージへのアクセス許可」→「OK」と選び、

SDカードのディレクトリが表示された画面で「選択」をタップすれば完了です。

「外部ストレージへのアクセス許可」の設定は、Android 4.4よりアプリのSDカードへの書き込みが制限されているため必要となります。

もし別のアプリでも”SDカードへ書き込みが必要な操作”をする際は、同様の設定がアプリごと個別に必要です。

詳細は関連記事【AndroidのSDカードへアクセス許可する方法! スマートフォンに外部ストレージ書き込み権限を与えよう】で解説しています。

AndroidのSDカードへアクセス許可する方法! スマートフォンに外部ストレージ書き込み権限を与えよう
この記事では、AndroidのSDカードへアクセス許可する方法を解説します。アプリごと個別に外部ストレージの書き込み権限を付与すれば、SDカード内のファイル編集が可能となります。

FolderSyncでダウンロード保存先を変更する設定手順

記事中ではダウンロードの保存先をSDカードとするケースを取り上げますが、同様の手順で内部ストレージの別フォルダへ変更することも可能です。

「FolderSync」トップ画面へ戻り、「同期フォルダ」より”+”ボタンを選択。

新しい同期フォルダの設定画面となります。

表示される項目が多いですが、今回は基本的な下記設定を行います。

  • 固有の名前
  • アカウント
  • 同期タイプ
  • リモートフォルダ
  • ローカルフォルダ
  • スケジュール
  • 同期オプション
  • 通知

それぞれカンタンに解説します。

固有の名前/アカウント/同期タイプ

「固有の名前」は設定の名称なので、判別しやすいネーミングにすると良いでしょう。

「アカウント」はデフォルトの「SD CARD」、「同期タイプ」は「ローカルフォルダ」でOK。

例えば「固有の名前」を「ダウンロード先をSDへ」としてみた。

リモートフォルダ/ローカルフォルダ

「リモートフォルダ」に移動元のフォルダ(=内部ストレージの「Download」)を設定します。

もしお使いのAndroidでダウンロード保存先が内部ストレージの「Download」でない場合、個別に変更して下さい。

「リモートフォルダ」をタップすると内部ストレージのディレクトリ一覧が表示されるので、「Download」フォルダを表示した状態で”+”ボタンで決定します。

次にローカルフォルダに移動先のフォルダ(=SDカードのフォルダ)を設定します。

記事中ではダウンロードの保存先をSDカードとするケースで説明しています。

ローカルフォルダを内部ストレージの別フォルダへ変更することも可能です。

「ローカルフォルダ」をタップすると内部ストレージのディレクトリ一覧が表示されるので、 右上メニューより「Pathの変更」へ進み、

「External」を選ぶとSDカードのディレクトリ一覧が表示されます。

SDカード直下を移動先にもできますが、分かりやすい専用フォルダを作ると良いでしょう。

右上”+”ボタンより新規フォルダ作成が可能です。

SDカード内にも「Download」フォルダを作ってみた例。

SDカード内の移動先としたいフォルダを表示した状態で”+”ボタンで決定すればOK。

以上の作業より、次の表示となっていることを確認します。

  • リモートフォルダ:移動元のフォルダ(=内部ストレージの「Download」)
  • ローカルフォルダ:移動先のフォルダ(=SDカードのフォルダ)

スケジュール

「スケジュール」にて内部ストレージの「Download」に保存されたファイルをSDカードへ移動する時間間隔を決めます。

「スケジュールされた同期を使用」を有効にした上で、「同期の間隔」を設定すればOK。

あまりに短い間隔だとAndroid動作の負担となるため、「毎日 / 毎週」くらいがちょうど良いでしょう。

同期オプション

「同期オプション」にてさらに細かい仕様を調整できます。

ダウンロードしたファイルをSDカードへ移した後、内部ストレージの「Download」に保存されたデータをそのまま消去したいなら「同期後にソースファイルを削除」を有効にします。

通知

「通知」にて同期内容に合わせた結果を通知表示できます。

例えば「同期成功時に通知を表示」を有効にすれば、定期的にSDカードへダウンロードファイルが移ったことを確認できます。

同期フォルダの設定を保存して完了!

各項目を設定できたら最後に「保存」をタップして完了です。

FolderSyncの設定内容を検証する手順

実際に設定した同期フォルダをテストしましょう。

前提として、ブラウザからダウンロードした画像ファイルが内部ストレージの「Download」に保存された状況を想定します。

さっそく「同期」ボタンよりすぐに設定を動かしてみます。

通知を有効にしていれば「同期完了」と表示され、

内部ストレージの「Download」フォルダのファイルが、そのままSDカードへ移動されました!

後は「スケジュール」で調整した時間間隔で、自動的にダウンロードしたファイルがSDカードへ移るので、結果的にAndroidのSDカードへ直接保存できるようになります。

もしブラウザなどから画像や文書をダウンロードする機会が多いなら、今回の設定を施すことで内部ストレージの節約を自動化できて便利ですよ。

同期設定で「エラー」と表示される場合、初期設定に問題がある可能性が高いです。

特に「外部ストレージへのアクセス許可」がしっかり有効になっているか、改めてチェックしてみて下さい。

参考:内部ストレージの別フォルダをダウンロード先にもできる

今回は例として、内部ストレージの「Download」フォルダをSDカードへ移す設定を紹介しましたが、移動元フォルダと移動先フォルダを変更すれば様々な応用がききます。

例えばブラウザから画像をダウンロードする機会が多いなら、移動元フォルダを「Download」、移動先フォルダを内部ストレージの「Pictures」とすることで、画像類を「Pictures」フォルダにてまとめて管理できます。

自身の使い方に合わせて、ぜひ色々と同期設定を試してみて下さい。

 

補足:

そのほかSDカードを活用する情報まとめ

AndroidでSDカードを活用するワザはいろいろあります。

例えば、今回取り上げた「FolderSync」アプリを応用すれば、

FolderSync
FolderSync
Developer: Tacit Dynamics
Price: Free

LINEからダウンロードするファイル(例:写真 / 動画)の保存先をSDカードへ変更できます。

LINEでダウンロードする全ファイルの場所を変更する方法! 写真/動画/バックアップデータをSDカードへ直接保存しよう [Android]
この記事では、Android版LINEのダウンロード保存先を変更する方法を解説します。LINEからダウンロードしたファイルはLINE専用フォルダへ自動保存されますが、アプリ「FolderSync」を使えばSDカード含め好きな場所へ変更できます。

それ以外にも様々な情報をまとめて、関連記事【もっとAndroidでSDカードを活用する豆知識まとめ! あらゆるファイルを外部ストレージで管理しよう】で解説しています。

もっとAndroidでSDカードを活用する豆知識まとめ! あらゆるファイルを外部ストレージで管理しよう
この記事では、もっとAndroidでSDカードを活用する基本〜応用的な情報をまとめています。あらゆるファイルの保存先をSDカードへ変更する方法など、SDカードの役割を広げる豆知識を解説しています。

そのほか空き容量不足を解消する情報まとめ

Androidの内部ストレージ不足を解消するワザはいろいろあります。

例えば、Androidで内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多い「.thumbnails」フォルダを削除するだけで、数GB単位で空きが増えるかもしれません。

Androidの内部ストレージ容量を圧迫する「.thumbnails(thumbdata)」フォルダの削除方法まとめ
Androidの内部に生成される「.thumbnails」フォルダをご存じでしょうか? 内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多いフォルダで、中には「.thumbnails」だけで数GBまで膨れ上がっているケースもあり、処理に...

また、Android 6.0からの新機能「Adoptable Storage」を利用すれば、挿入しているSDカードを本体の内部ストレージとして設定できるので、容量不足対策になります。

本来設定できない「Xperia Z3(Android 6.0.1)」でSDカードを内部ストレージ化した例。

AndroidでSDカードを内部ストレージ化してアプリを移動する方法! adbですべての機種の容量不足を解消しよう
この記事では、AndroidのSDカードを内部ストレージ化してアプリを移動する方法を解説しています。パソコンでadbコマンド環境を用意すれば、すべての機種で使用できます。そのほか、一部領域のみ内部ストレージ化する方法やよくある質問への回答を記載しています。

それ以外にも様々な情報をまとめて、関連記事【Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法】で解説しています。

Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法
この記事では、Androidの内部ストレージ不足を解決する方法を解説しています。「不要なアプリやファイルを削除する」コツと「必要なアプリやファイルの管理方法を工夫する」コツをまとめています。

 

〆:ダウンロード保存先を自由に変えよう!

以上、説明でした。

単純にブラウザからのダウンロード保存先をSDカードに切り替えたいなら、Chrome標準機能が便利です。

一方、細かくフォルダまで指定したい場合、少し設定は面倒ですが、「FolderSync」アプリがオススメです。

ぜひ、ご参考あれ。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました