[Android] クイック設定パネルの機能を自由にカスタマイズ! 好きなタイルを追加して超便利に

スポンサーリンク

Androidの「クイック設定」を使いこなしていますか?

iOS標準「コントロールセンター」機能のAndroid版というイメージに近く、Wi-Fiのオン / オフや画面明るさ調整など、各種機能をサクッと変更できる魅力的な設定ですが、デフォルトでは追加できる機能に限度があり、自由にカスタマイズできるわけではありません。

関連記事

AndroidでiOS 11のコントロールセンターを再現する方法! 自由にカスタマイズもできる

そこで本記事では、Androidのクイック設定パネルの機能を自由にカスタマイズ可能にするアプリ「Nougat / Oreo Quick Settings」を紹介します。

通常はクイック設定に追加できないタイルまで解禁されるので、自分仕様にカスタマイズできて面白いですよ。

photo by keith.bellvay

スポンサーリンク

Androidのクイック設定を自由にカスタマイズ!

今回紹介する「Nougat / Oreo Quick Settings」アプリの使い方と特徴を、下記より解説します。

記事中では、Nexus 6P(Android 8.0)における設定手順を例に說明しています。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Nougat / Oreo Quick Settings」をインストールします。

Android 要件:端末により異なる

価格:無料

インストール完了後に起動すると、アプリトップ画面が開きます。

さっそく下記よりクイック設定のカスタマイズ操作を実施しますが、まだクイック設定を使ったことない方や基本的な操作方法に不安がある方は、下記記事を参照あれ。

関連記事

クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更/並び替え方法 [Android 6.0/7.0対応]

手順②:アプリを使いこなす – 基本

本アプリ「Nougat / Oreo Quick Settings」は英語表示である点でハードルを感じますが、使い方は非常にシンプルで、

追加したいタイル(機能)を探す

クイック設定の編集画面で追加する

の2ステップが基本操作となります。

まずアプリトップ画面の左上メニューを開き、追加したいタイル(機能)を探します。

「List all」では全てのタイル(機能)一覧が、「Latest additions」では最新のタイル(機能)一覧が表示され、その下の「Categories」項目ではタイルの分類ごとに探すことができます。

追加したいタイル(機能)を見つけたらタップし、「Enable toggle」を選択すればOK。

例えば「Screenshot(画面キャプチャ)」機能を追加してみる。

クイック設定のタイル候補一覧に追加されたメッセージが表示されます。

さっそくクイック設定の編集画面を開きましょう。「ペン」アイコンより追加できるタイル(機能)候補一覧が表示されますが、この中に先ほど追加したタイルを確認できればOKです。

例:先ほど追加した「Screenshot」タイルを確認できる。

後は通常の手順でタイルをドラッグすれば、クイック設定として追加が完了です。

最後に動作を確認します。

例:「Screenshot」タイルは正常に動作した。

追加したタイル(機能)によっては不具合が発生するケースも報告されているため、しっかり検証してみましょう。

ネット上の情報を見る限り、追加したタイルで不具合が発生した際、クイック設定上の配置を何度か変更する(階層をずらす)ことで解決できる場合があるようです。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

さて、基本的な設定手順は以上なので、後は大量のタイルの中から便利な機能を見つけるだけ。

下記よりボクが実際に追加して面白いと感じた(&しっかり動作を確認できた)タイルを紹介します。

Counter – 数字のカウントができる

ただひたすら数字のカウントができるのが「Counter」タイル。

カテゴリー「Utilities」より探すのがラクです。

クイック設定にタイルを追加し、タップするだけで数字をカウントできます。

用途は無限大で、何らかのカウント作業をする機会が多いなら、クイック設定に追加しておくだけですぐ起動できて便利でしょう。

Dice – サイコロを振るだけ

ただサイコロを振って、出た目を表示できるのが「Dice」タイル。

カテゴリー「Utilities」より探すのがラクです。

クイック設定にタイルを追加し、タップするだけでサイコロを振れます。

Night screen filter – 画面を夜間モードに変更できる

夜間向けに画面全体を暗く変更できるのが「Night screen filter」タイル。

カテゴリー「Utilities」より探すのがラクです。

クイック設定にタイルを追加し、タップするだけで画面が夜間モードとなります。

夜間モードに入っても、ステータルバーとナビゲーションバーの明るさは変わらないようです。

(左)通常の画面 / (右)夜間モードがオンの画面

ちなみに、クイック設定に「夜間モード」タイルを追加したいだけなら「Night Mode Enabler」というアプリもオススメです。

Night Mode Enabler
Night Mode Enabler
Developer: Mike Evans
Price: Free+

OS要件に制限があるため、全ての機種で利用できるわけではありませんが、ぜひご参考あれ。

関連記事

Night Mode Enabler – 隠れ機能「夜間モード」設定を有効にする方法 [Android 7.0]

また、スマートフォンの画面を長時間凝視することによる目の疲れを軽減したいなら、画面全体を白黒モノクロに変化させる設定もオススメです。合わせてどうぞ。

関連記事

[Android] ディスプレイ画面を白黒モノクロに変化させる設定方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

Caffeine – スリープを一定時間解除できる

Android標準で設定している「スリーブに入るまでの時間」を無視して、画面を点灯したままにできるのが「Caffeine」タイル。

カテゴリー「Utilities」より探すのがラクです。

クイック設定にタイルを追加し、タップするだけで画面がずっと点灯したままとなります。

ちなみに、クイック設定に「画面を点灯したままにする」タイルを追加したいだけなら「Caffeinate」というアプリもオススメです。

Caffeinate
Caffeinate
Price: Free

先ほど紹介した「Caffeine」タイルは時間制限はなく、再度クイック設定より手動でオフにするまで延々と画面点灯されたままとなりますが、この「Caffeinate」アプリなら事前に制限時間を設けて、指定時間経過後からは通常の「スリーブに入るまでの時間」を適用させることができます。

詳細は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Caffeinate – スリープを一定時間解除! 画面消灯の開始時間を状況に応じて伸ばせる無料アプリ

Smart Reminder – メモ機能を追加できる

クイック設定からすぐに起動できるメモ機能を追加できるのが「Smart Reminder」タイル。

カテゴリー「Utilities」より探すのがラクです。

クイック設定にタイルを追加し、タップするだけでメモを記入できます。

以後、「DELETE ALL」をタップするまでずっと通知領域にメモが残り続けるので、備忘録として便利です。

ちなみに、クイック設定にメモ機能のタイルを追加したいだけなら「Notedown」というアプリもオススメです。

Notedown Tile
Notedown Tile

「Notedown」アプリの方が共有機能がより強化されているため、比較してみると良いでしょう。

詳細は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Notedown – クイック設定からメモを保存/ツイートできるタイルを追加する方法 [Android 7.0]

Shortcuts – 各種アプリのショートカットを追加できる

クイック設定から指定アプリをすぐに起動できるショートカット機能を追加できるのが「Shortcuts」カテゴリーに属するタイルです。

カテゴリー「Shortcuts」にて様々なタイルを追加できます。

「時計」や「カメラ」、「電卓」など、ショートカットを配置したいアプリ専用のタイルが用意されていれば、当該タイルを追加すれば良いでしょう。

また、一覧にないアプリでもショートカットをカスタマイズできる「App&Shortcuts」タイルを追加すればOKです。

前者(例:時計 / カメラ / 電卓)の場合、クイック設定にタイルを追加し、タップするだけで当該アプリを起動できます。

例えば「Calculator」タイルから電卓アプリを起動できる。

後者(一覧にないアプリ)の場合、追加した「App&Shortcuts」タイルをタップすると、初回のみAndroidにインストールされたアプリ一覧が出るので、この中からショートカットとして設定したいアプリを選択します。

例えば「Google Chrome」アプリを選んでみる。

すると、以後選んだアプリ専用のショートカットタイルとなり、タップすればすぐに起動できます。

タイルのデザインが、選択したアプリ名称の頭文字となる。

補足:クイック設定をさらにカスタマイズする方法

今回紹介したように、別途アプリをインストールすることで、標準機能の範囲を超えてクイック設定のタイルをカスタマイズすることができますが、さらにタイル以外の部分もいじくったり、タイルの操作性・機能性を拡張する方法があります。

例えば、「Display brightness」アプリを使えば、画面上のどこからでも明るさを調整できるようになります。

ダウンロード Amazonアプリストア – Display brightness

関連記事

Display brightness – どこでも即座に明るさ変更! 端をなぞって輝度を調整できる [Android]

また、「Material Notification Shade」というアプリを使えば、クイック設定の背景やアイコンの色まで個別に変更できます。

Material Notification Shade
Material Notification Shade

関連記事

Androidでステータスバーの色をカスタマイズする方法! クイック設定や通知領域のあらゆるカラーを変更できる

他にもクイック設定をカスタマイズする豆知識は別記事でまとめているので、ぜひどうぞ。

関連記事

Androidでクイック設定のタイルをカスタマイズする方法まとめ! 好きな機能や外観を追加しよう

〆:クイック設定を劇的にカスタマイズしよう!

以上、[Android] クイック設定パネルの機能を自由にカスタマイズ! 好きなタイルを追加して超便利に の說明でした。

「Nougat / Oreo Quick Settings」アプリを使えば、クイック設定を劇的にカスタマイズできて面白いですよ。

記事後半で紹介したタイル以外にも、非常に多くの機能が提供されているため、ぜひご自身で試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい