[Android] 暗証番号を忘れた端末をリセットする方法! 画面ロックやパスワードの分からないスマートフォンは強制初期化しよう

スポンサーリンク

Androidスマートフォンやタブレットで端末暗証番号(画面ロック / パスワード)を設定している方がほとんどでしょう。

ただ、万が一この暗証番号を忘れてしまった場合、通常はデータを消去せずに画面ロックを解除する方法はなく、本体を初期化(リセット)するしかありません。

そこで本記事では、Androidの暗証番号を忘れた端末をリセットする方法を紹介します。

画面ロックやパスワードの分からないスマートフォンでも、強制的に初期化することで解決できます。

iOS(iPhone / iPad)を強制初期化する場合はiTunesより実行できます。詳細は別記事をご参考あれ。

関連記事

iOSをiTunesで強制初期化する方法! パスコードを忘れたor電源が入らないiPhone/iPadを復元しよう

photo by victoria white2010

スポンサーリンク

Androidを強制的に初期化する方法

前提:パスワードを忘れたら基本的に初期化しか選択肢はない

もしAndroidの端末暗証番号(画面ロック / パスワード)を忘れてしまった場合、通常はデータを消去せずに画面ロックを解除する方法はありません。

例外として、root化したAndroidや企業が導入している有償のMDMソフトをインストールしているAndroidの場合、パスワードを忘れてもデータを残したままロック解除できるケースがありますが、多くの一般ユーザーは対象外でしょう。

また、かつて存在した「Androidデバイスマネージャー」というGoogle公式サービスを使用すれば、パスワードやパターンを忘れた際、新しいパスワードへ上書きができたため、端末を初期化せず、データを残したままロック解除が可能でした。

関連記事

Find My Deviceの使い方! 旧Androidデバイスマネージャーで紛失/盗難時に遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法

ただその後、サービス名は「Find My Device」へ変更され、2018年1月現在、すでにパスワードやパターンが設定されている端末に対しては、新しいパスワードを設定することはできず、メッセージや電話番号のみ画面上に表示できる仕様となっています。

以上より、パスワードを忘れたAndroidは、基本的に初期化するしか選択肢はありません。

通常、Androidの初期化は「設定」から実行するのが一般的ですが、今回のケースでは画面ロック解除ができないため使えない方法となります。

関連記事

Androidを初期化する方法まとめ! スマートフォンやタブレットの個人情報を消去しよう

そこで今回紹介する2つの方法により、例えパスワードが分からなくても強制的に初期化を実行することができます。

その①:Find My Deviceを使う

その②:リカバリーモードから初期化する

下記よりそれぞれ解説しています。

可能であれば初期化前に必要なデータをバックアップしておくのが理想ですが、今回はそもそもロック画面を解除できないため、バックアップ作業は実行できないでしょう。

関連記事

Androidのデータをバックアップする方法! スマートフォンのデータを保存する特徴と使い方まとめ

その①:Find My Deviceを使う

1つ目の方法として、「Find My Device(旧称:Androidデバイスマネージャー)」を使うことで、たとえ画面ロックを解除できずとも強制的に初期化できます。

初期化したいAndroid機でログインしているGoogleアカウントさえ分かれば、同じアカウントでログインしている別Android機やPC / タブレットのブラウザ上より遠隔でデータ消去指示を飛ばすことが可能です。

元々は紛失(盗難)したAndroidスマートフォン / タブレットを遠隔初期化するための機能として搭載されていますが、端末暗証番号が分からなくなった場合でも活用することができます。

「Find My Device(端末を探す)」の詳細や具体的な操作方法は別記事にまとめてあります。

関連記事

Find My Deviceの使い方! 旧Androidデバイスマネージャーで紛失/盗難時に遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法

その②:リカバリーモードから初期化する

2つ目の方法として、Android特有の「リカバリーモード」機能を使うことで、たとえ画面ロックを解除できずとも強制的に初期化できます。

リカバリーモードは、電源起動時に側面の「電源ボタン」や「音量ボタン」で特定の操作を行うことで入ることができ、初期化含め一般的に下記メニューを実行できます。

Reboot system now:端末を再起動=リカバリーモードから戻る

Reboot to bootloader:ブートローダーを起動

Apply update from ADB:ADBからOSをアップデート

Apply update from SD card:SDカードからOSをアップデート

Wipe data / factory reset:強制初期化(工場出荷状態に戻す)

Wipe cache partition:キャッシュを削除

Mount /system:「/system」をマウント

View recovery logs:リカバリのログを確認

Power down:電源オフ

これらメニューは「画面操作」&「画面ロック解除」不要で実行できるので、最後の手段としてリカバリーモードを使えば強制的に初期化することができます。

Nexus 6Pのリカバリーモード画面の例。

ただリカバリーモードは、メーカーやブランドによって起動手順が異なるため、自分が所有する機種ごとにその方法を調べる必要があります。そこで「リカバリーモード」の詳細や具体的な操作方法を別記事にまとめているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

[Android] リカバリーモードの起動手順と強制初期化する使い方 [Galaxy / Nexus]

また日本版Xperiaシリーズなど、リカバリーモードが使えない(or 使うのが難しい)機種もあるため、必ずしも有用な手法ではない点に注意が必要です。

Xperiaについては別途代替の強制初期化方法として、下記2点があります。

①:初期化モードでXperiaを強制初期化する

②:Xperia Companionで強制初期化する

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Xperiaをリカバリーモード不要で強制初期化する方法! パスワード不明でもデータ削除できる [Android]

参考:強制初期化後に求められるGoogleアカウントについて

Android 5.1以降の端末では新たに「Device Protection(端末保護機能)」が実装され、今回紹介したような「強制的な初期化方法」を実行した場合、アクティベーション(初期設定)の途中にそれまでログインしていたGoogleアカウント情報が求められます。

イメージとしてはiOSのアクティベーションロックに近い考え方で、紛失・盗難に遭った端末を強制的に初期化しても勝手に使用されないことを目的とした機能となるため、当然「Device Protection(端末保護機能)」を突破する方法は用意されていません。

ただ、オークション等で中古端末を売却・調達した際にトラブルになるケースも多く、「Device Protection(端末保護機能)」がかかった状態で第三者に渡ると解除のしようがなくなってしまいます。

参考 Googleヘルプフォーラム

一部サイトでは、端末製造メーカーであれば「Device Protection(端末保護機能)」を解除してくれる、といった情報も掲載されているため、最後の手段として相談してみるのも良いかもしれません。

〆:強制初期化の手順を覚えておこう

以上、[Android] 暗証番号を忘れた端末をリセットする方法! 画面ロックやパスワードの分からないスマートフォンは強制初期化しよう の說明でした。

Androidの場合、画面ロックの解除方法はパスコードやパターンロック、指紋認証など様々ありますが、万が一忘れてしまった場合は初期化するしか方法がないため、日頃からデータのバックアップをしておくことをオススメします。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい