これは便利!XperiaとMacでUSBテザリングをする手順。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3299_06

3299_05


スマホのテザリングでPCを繋げる場合、Wi-Fiテザリングを選択する人が大半だろう。

だが、テザリングのスピードは、USBテザリング > Wi-Fiテザリング > Bluetoothテザリングの順で速度が早いので、スピードに拘るならUSBテザリングを使いたい。

さらに、USBテザリングなら、常にPC側からスマホへ給電がされるので、テザリング時の懸念点である電池の消費も解決できる!

そこで本日は、XperiaとMacで、USBテザリングを行う方法を説明する。

これは便利!XperiaとMacでUSBテザリングをする手順。

実は、AndroidとMacでUSBテザリングを行いたい場合、ただUSBケーブルで繋げただけではダメなのだ。

大きく、「MacにUSB接続したAndroid機器を認識するソフト」と「AndroidのUSBテザリングを可能にするソフト」の2点が必要となる。

①MacにUSB接続したAndroid機器を認識するソフト

Xperiaの場合、Sonyの「Bridge for Mac」が有名だろう。

3299_01

ダウンロードし、アプリをインストールすればOKだ。

3299_02

だが、Xperia以外のAndroidや、あるいは「Bridge for Mac」の調子が悪いと感じる場合は、「Android File Transfer」でもOKだ。ちなみに僕はXperia Z1を愛用しているが、「Bridge for Mac」だと認識が遅いと感じたので、「Android File Transfer」を入れている。

②AndroidのUSBテザリングを可能にするソフト

続いて、2つ目のが「HoRNDIS」というアプリ。

USBテザリングを行うためには、AndroidがPCのRNDISドライバに対応している必要があるが、Androidが公式にサポートしているのは、WindowsのRNDISだけとなっている。そのため、「HoRNDIS」をMacにインストールする必要があるのだ。

「開発元を確認できません」などアラートが出るかもしれないが、リンク先よりダウンロード、インストールしよう。

3299_03

以上2つのソフトをインストールできれば準備完了!念の為に、一度Macを再起動しよう。

3299_07

あとは、Android側でUSBテザリングをオンにすれば、下記のようにMacでUSBテザリングができる。

3299_05

もし、上記の手順を行ってもMac側のネットワーク設定上に接続したスマホが表示されない場合、Macをもう一度再起動してみよう。僕も当初、認識されず焦ったが、Macを再起動したところ、無事繋がるようになった。

若干面倒な準備が要るが、Wi-Fiテザリングの速度が遅いと感じたり、Androidの電池が気になる場合は、オススメのテザリング方法だ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする