[Android] 提供元不明(非公式)アプリをインストールする方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5065_14

Google Playにないアプリ(=提供元不明アプリ)をAndroidにインストールする際、事前に許可設定を行う必要があります。

また、PCでダウンロードしたapkファイルをAndroidにインストールする方法もいくつかあります。

本記事では、Android操作の基本である上記2点について解説をします。

スポンサーリンク

提供元不明アプリを許可する方法

手順①:「セキュリティ」設定へアクセス

まず「設定」アプリを起動し、「セキュリティ」から「提供元不明のアプリ」を表示します。

5065_01

手順②:「提供元不明のアプリ」を許可

続いて、「提供元不明のアプリ」のトグルをオンにすると、注意のポップアップが表示されるので、OKを選択。

5065_02

以上の操作で「提供元不明のアプリ」が許可されるようになります。

apkファイルを個別にインストールする方法

PCなど、Google Playを経由せず、独自にダウンロードしたAndroidアプリのファイル(=apkファイル)を、Androidにインストールする手段は無数に存在します。今回はその中でも、ボクがよく利用する方法を紹介します。

方法①:オンラインストレージを利用

一番ボクが利用する方法が、オンラインストレージを経由してapkファイルをインストールする方法となります。

具体的には、DropboxGoogle Driveなどを使って、Androidにapkファイルをダウンロードします。

どのオンラインストレージを利用しても手順はほぼ同じになるので、今回はDropboxを用いて説明します。

まず、PC側でapkファイルを取得。Dropboxへアップロードします。

5065_10

続いて、スマホ側でDropboxを起動。先ほどアップロードしたapkファイルを選択し、ダウンロード・インストールして完了です。

5065_12

方法②:添付メールを利用

オンラインストレージを使わない方法では、添付メールを経由してapkファイルをインストールすることもあります。

ボクはあまり利用しない方法ですが、友人からapkファイルを受け取る際にたまに使います。

例えば、Yahoo! メールからGメールにapkファイルを添付して送信。

後は、スマホ側でGメールを起動し、受信したapkファイルをダウンロード・インストールすれば完了です。

5065_13

apkファイルは容量が大きくないものが多いので、添付ファイルの制限に引っかかることも少ないでしょう。

方法③:ケーブル経由で直接インストール

3つ目の方法としては、PCとAndroidをケーブルで物理的に繋ぎ、直接PCからapkファイルをインストールすることもできます。

順序としては、まずapkファイルをPCからAndroidへ移行し、その後Android側の操作でファイルマネージャアプリを起動し、移行したapkファイルをインストール、となります。

オンラインストレージ経由がラク

ボクは手軽にできる点で、Dropboxを経由したインストールを利用することが多いです。

が、結局どの方法でも結果は同じなので、自分にとって一番やりやすい方法で試してみて下さい。

補足:ウイルスなど 不正apkファイルに注意

最後に、注意点として、不正なapkファイルに注意して下さい。

Google Playにないアプリというのは、”ない”理由が当然あり、その中の1つが”不正なアプリだから”、という場合もあります。

特に海外サイトから無料でダウンロードしたapkファイルだったり、ゲーム系のapkファイルのはずなのに、電話帳へのアクセスが求められたり、といった場合は、特に注意した方がいいです。

まとめ:リスクを理解した上で提供元不明アプリを楽しもう!

以上、説明でした。

記事の通り、提供元不明アプリをインストールする方法はカンタンですが、そのリスクも理解する必要があります。

特に、スマホ本体がウイルスにかかり、初期化する事態になると、最悪の場合、スマホ内の個人情報が流出し、重大な問題に発展することもあります。

自分がインストールしようとしているapkファイル(アプリ)は本当に安全か。しっかり確認してから、利用して下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする