Androidを強制的に全画面表示する方法! ステータスバーとナビゲーションバーを隠してフルスクリーンモードへ

スポンサーリンク

Androidでは特定アプリ使用時、ステータスバーとナビゲーションバーを隠した「全画面表示」へ切り替えが可能です。

これは「YouTubeを横画面再生する時」など主に動画再生アプリで多い仕様ですが、それ以外にも好きなアプリや画面上で自由に全画面表示のオン / オフができたら便利ですよね。

そこで本記事では、Androidを強制的に全画面表示する方法を紹介します。

好きなタイミングでステータスバーとナビゲーションバーを隠すことができるので、大きな画面でアプリを表示させたい時や、Android画面の焼き付き防止にも役立つ便利な機能ですよ。

photo by Marco Verch

スポンサーリンク

Androidを強制的に全画面表示する方法

前提:ステータスバーとナビゲーションバーの基本

まず大前提として、本記事で登場する「ステータスバー」と「ナビゲーションバー」というキーワードは、Android画面上のそれぞれ下記の部分を指しています。

「ステータスバー」は画面上部の領域で、通知アイコンや各種機能のオン / オフ状態を確認することができます。

関連記事

ステータスバーをカスタマイズする方法! 各アイコンの表示/非表示のオンオフを切り替える設定

一方「ナビゲーションバー」は画面下部の領域で、最近のAndroid機種では、基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)のソフトキーが表示されている場合がほとんどです。

関連記事

Galaxyスマートフォン「戻る/タスク」左右ボタンを入れ替え通常のAndroid標準配置とする方法

これら2つのバーは、横画面(ランドスケープモード)にしても表示されたままなのが標準で、

ブラウザを横画面にしても2つのバーは表示されたまま。

YouTubeなど一部アプリでのみステータスバーとナビゲーションバーが隠れた全画面表示に切り替えができます。

YouTubeの再生画面上は全画面表示となる。

本記事ではこの全画面表示を、どのアプリや設定画面上でも強制的に適用させる方法を說明しています。

ただAndroidで全画面表示のオン / オフ機能はOS標準で実現できないため、サードパーティ製アプリを別途インストールする必要があります。

本記事ではその中でも「Hide System Bar」というアプリを紹介します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Hide System Bar」をインストールします。

Hide System Bar (Full Screen)
Hide System Bar (Full Screen)

Android 要件:2.2 以上

価格:無料

インストール完了にアプリを開くとトップ画面が表示され、

一番上の「Hide system bar」ボタンをタップすると、ステータスバーとナビゲーションバーを隠した「全画面表示」へ切り替えることができます。

これはどの画面上でも有効となるため、例えばホーム画面上で適用すると、本来ステータスバーとナビゲーションバーが表示される領域がボッカリ空いた状態になります。

一方、ブラウザ上で適用すると、本来ステータスバーとナビゲーションバーが表示される領域までページが広がるので、より一画面で視覚できるコンテンツ情報が多くなります。

とある記事の画面表示比較。全画面にすると表示できる情報量が増える。

さらにこの機能は、ステータスバーとナビゲーションバーを「完全に非表示」とするのではなく、あくまで「一時的に隠す」だけなので、上部 or 下部を上下にスワイプすることで、数秒間表示させることができます。

特にナビゲーションバーを隠してしまうと、基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)のソフトキーも使えなくなってしまう心配がありますが、その点は問題ありません。

手順②:アプリを使いこなす

以上がアプリの基本ですが、さらに便利な機能がいくつかあるので紹介します。

ステータスバーは残す

「ナビゲーションバーだけ隠してステータスバーは残したい!」という要望も実現できます。

アプリトップ画面の「show notification bar」にチェックを入れた状態で「Hide System Bar」を適用すると、ナビゲーションバーは非表示となる一方、ステータスバーはいつも通り表示されます。

ちなみに、逆のパターン(ステータスバーだけ隠してナビゲーションバーは残す)は用意されていないため、別途「システムUI調整ツール」からアイコンを非表示とすることで代用はできます。

関連記事

ステータスバーをカスタマイズする方法! 各アイコンの表示/非表示のオンオフを切り替える設定

通知に常駐型切り替えアイコンを表示する

初期設定のままだと、全画面表示へ切り替えるには都度アプリトップ画面の「Hide system bar」ボタンをタップする必要があり面倒です。

そこで「Create notification button」にチェックを入れることで、通知領域に常駐型のアイコンが表示されるようになり、タップすると全画面表示のオン / オフを設定できます。

これでどんな画面上からでも切り替え可能になるので、ぜひ設定したい便利機能です。

補足:さらにナビゲーションバーをカスタマイズしたいなら

今回說明した内容は、あくまで「ナビゲーションバー」の表示 / 非表示を切替える機能だけですが、さらに高度なカスタマイズを実現したいなら「Custom Navigation Bar」というアプリがオススメです。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer: paphonb
Price: Free+

ナビゲーションバーのボタン配置を変更したり、新しいボタンを追加できるため、Androidの見た目や使い勝手を劇的に変化させることができる素晴らしいアプリです。

さらに「Hide System Bar」アプリでは用意されていない「ステータスバーだけ隠してナビゲーションバーは残す」設定も実現可能です。

ただ、adb操作環境が必要だったり、Android側の仕様に条件があったりと、導入までに色々とハードルがあるため、興味のある方は別記事でまとめた内容をご覧あれ。

関連記事

Custom Navigation Bar – Androidナビゲーションバーをカスタマイズ(配置変更/ボタン追加)

〆:好きなタイミングで全画面表示にしよう!

以上、Androidを強制的に全画面表示する方法! ステータスバーとナビゲーションバーを隠してフルスクリーンモードへ の說明でした。

紹介した「Hide System Bar」を使いこなすことで、好きなタイミングで全画面表示となるため、動画や画像系アプリをより集中して視聴できるようになります。

一方本アプリの欠点として、上下のスクロールが多いアプリ(例:ブラウザやメッセージアプリ)で使うと固まることがあるため、文字情報が中心となる画面上では頻繁に使用しない方がいいかもしれません。

ステータスバーとナビゲーションバーを隠したいなら、ぜひ一度お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい