Androidでステータスバーの色をカスタマイズする方法! クイック設定や通知領域のあらゆるカラーを変更できる

スポンサーリンク

Androidでステータスバー周辺(例:クイック設定 / 通知領域)の色は機種やOSによって決まっており、たいてい白や黒を基調としたカラーとなっています。

関連記事

クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更方法のまとめ [Android 6.0/7.0/8.0対応]

通常は標準設定でも色の変更項目は用意されていませんが、実はサードパーティ製アプリを用意すれば自由に変更できるようになります。

そこで本記事では、ステータスバーの色をカスタマイズできるAndroid向け無料アプリ「Material Notification Shade」を紹介します。

アプリは一部OSに制限がありますが、クイック設定や通知領域の背景カラーを赤や青に変えることもできるため、カラフルでお洒落なAndroidにしたい方にオススメですよ。

photo by mingusmutter

スポンサーリンク

Androidでステータスバーの色をカスタマイズ!

今回紹介する「Material Notification Shade」アプリの使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Material Notification Shade」をインストールします。

Material Notification Shade
Material Notification Shade

Android 要件:5.0~7.1.1

価格:無料(全ての機能が使える有料版 240円 もあり)

Android 8.0を搭載するNexus 6Pは要件を満たさないため、インストールできませんでした。

アプリを起動して最上部のトグルをタップすると、初期設定として各種権限の付与が求められます。

それぞれ、「通知へのアクセス」・「システム設定の書き込み」・「他のアプリの上に表示できるアプリ」となるので、画面に従って各トグルを有効にして下さい。

全てオンにしたら「DONE」をタップし、トップ画面に戻った後改めて最上部のトグルをタップしてアプリを有効にします。

さっそくクイック設定や通知領域を開いてみると、アプリ適用の前後で背景色が変化していることを確認できます。

手順②:アプリを使いこなす

「Material Notification Shade」で用意されるカラー変更機能のうち、無料版で設定できる基本項目を解説します。

テーマを変える

「Themes」では、クイック設定や通知領域のカラーテーマを変更できます。

まず「Panel Theme」では、クイック設定のデザインを「Android 7.0 Nougat」風か「Android 8.0 Oreo」風か選べます(EXは有料版のみ選択可能)。

特に「Android 8.0 Oreo」風の場合、一段回目のクイック設定上で「設定」を開くショートカットアイコンが配置されるのが便利であるため、ボクはコチラを好んでいます。

さらに「Themes」の「Notification Theme」では、通知領域のカラーデザインを選べます。

例えば「Dark」にすると通知領域の背景が真っ暗になり、「Colored」にすると色が付きます。

各項目のカラーを個別に指定する

「Colors」項目では、クイック設定や通知領域の背景やアイコンの色を、さらに個別に指定することもできます。

具体的には、下記4つの調整ができます。

Shade Background color – クイック設定の背景色を変更

Shade Foreground color(icons) – クイック設定上の各アイコンの色を変更

Brightness slider color – クイック設定の明るさ調整スライダの色を変更

Notifications background color – 通知領域の背景色を変更

各項目の色を自由に変更することで、かなりオリジナリティの高い配色にできます。

ちなみに元の配色に戻したい場合は、同じく「Colors」項目にある「Reset all colors to default」を実行すればOK。

以上が基本項目となります。

他にも「Others」項目では、クイック設定に表示されるプロフィール画像を変更したり、明るさ調整スライダの位置を変更できたり、など色々とカスタマイズ要素があります。

補足:クイック設定のタイルを独自にカスタマイズする方法

クイック設定で追加できるタイル(機能)は予め決められており、標準機能の範囲で自由にカスタマイズするには限度があります。

ただ、実は個別の機能ごとにアプリをインストールすることで、標準では用意されていないタイルを追加できるようになります。

例えば、「Notedown」アプリを使えば、クイック設定にメモ機能を追加できます。

Notedown Tile
Notedown Tile

関連記事

Notedown – クイック設定からメモを保存/ツイートできるタイルを追加する方法 [Android 7.0]

また、特定の機能を持つ新しいタイルを少しだけ追加するのではなく、一括で沢山の新しいタイルを用意したいなら「Nougat / Oreo Quick Settings」というアプリで実現できます。

関連記事

[Android] クイック設定パネルの機能を自由にカスタマイズ! 好きなタイルを追加して超便利に

他にもクイック設定のタイルをカスタマイズする豆知識は別記事でまとめているので、ぜひどうぞ。

関連記事

Androidでクイック設定のタイルをカスタマイズする方法まとめ! 好きな機能や外観を追加しよう

〆:お洒落で見やすいカラーへ変更しよう!

以上、Androidでステータスバーの色をカスタマイズする方法! クイック設定や通知領域のあらゆるカラーを変更できる の說明でした。

「Material Notification Shade」を使えば、クイック設定や通知領域に関わる様々な色をカスタマイズできるため、雰囲気が大きく変わります。

ぜひ、お洒落で見やすいカラーを設定してみて下さい。お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい