Taskbar – アプリのウインドウを独立表示! PCのように1つの画面上で複数動かせる [Android]

スポンサーリンク

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、iOSやAndroidのモバイル向けOSも日々進化をしています。

それでも未だにPCに比べ弱いのが、「1画面に1アプリしか表示できない」という点。

最近では、iOS 9でiPad専用のSplit View(スプリット・ビュー)機能が、Android 7.0で同様のマルチウィンドウ機能が導入され、その差は縮まりつつあります。

関連記事

全てのアプリでマルチウィンドウ機能を使う方法!「分割画面がサポート…」を解除する [Android]

が、それでも結局「1画面に2アプリの表示」が限界です。

そこで本記事では、Android 7.0搭載のスマートフォンやタブレットで、1画面に複数のアプリウインドウを独立して表示できる無料アプリ「Taskbar」を紹介します。

まるでPCのような操作体験ができるスゴイアプリです。

スポンサーリンク

Taskbar – アプリのウインドウを独立表示!

Taskbar – 特徴

まず、本記事で紹介する「Taskbar」アプリの特徴を解説します。

1画面に複数アプリを表示できる

まずは下記画像をどうぞ。

ご覧の通り、1画面に2アプリといわず、3つや5つのアプリウインドウを表示させることができています。

複数アプリを表示したまま操作も可能

もちろん下記の通り、複数アプリ表示画面を保った状態で、アプリ毎で操作が可能です。

アプリは日本語対応

また、この手のギークなアプリは日本語非対応なパターンが多いですが、アプリの設定は日本語で表示されているため、設定変更にストレスを感じません。

画面サイズの大きなデバイスで超便利

以上の通り「Taskbar」を使えば、まるでPCのように画面上に複数アプリ ウインドウを表示して、そのまま操作ができるため、タブレットや6インチ以上のスマホなど、画面サイズの大きなAndroid端末で超便利なアプリとなっています。

さっそく下記より本アプリの使い方を説明します。

設定は比較的用意ですが、下記に記載する通り、前提条件にハードルがあります。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Taskbar」をインストールします。

Android 要件:7.0 以上

価格:無料

また、予め「開発者向けオプション」を有効にしておく必要があります。

設定方法については下記記事をどうぞ。

関連記事

Androidで「開発者向けオプション」を表示する方法! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう

上記条件を満たしていることを確認できれば、さっそくアプリを起動して初期設定を実施します。

まずアプリトップ画面右上にあるトグルをタップし、アプリを有効にします。

続いて、「フリーフォームモード」をタップし、「フリーフォーム ウインドウ サポート」にチェックを入れ、「開発者向けオプション」を開きます。

「開発者向けオプション」の一番下にある「アクティビティをサイズ変更可能にする」にチェックを入れ、変更適用のため、一度Android本体を再起動します。

その後再び「Taskbar」を開き、「フリーフォームモード」内のすべてにチェックを入れます。

以上で基本的な初期設定は完了です。

手順②:アプリを使いこなす – 基本

いよいよ「Taskbar」を使ってみます。

画面上に複数アプリを表示してみる

まず「Taskbar」を使い始める前は、タスクボタンより開いているアプリ一覧を表示し、「すべて消去」を実行します。

続いて、画面左下に常時表示されているアイコンをタップします。

すると隠れていたアイコンが表示されるのでタップ。Androidにインストールされているアプリ一覧が出るので、任意のアプリを選ぶと・・・

この通り。小さなウインドウでアプリが起動しました。

ここで先ほど説明したマルチタスクボタンよりアプリを閉じていないと、通常のウインドウサイズでアプリが開くので注意。

さらにこの状態で、再び左下アイコンよりアプリ一覧を表示し、任意のアプリをタップすると、下記の通り2つ目のアプリが小さなウインドウで開きます。

同様の要領を繰り返していくと、画面内にいくつもアプリウインドウを表示させることができます。

ウインドウの移動/消去/拡大をしてみる

開いた複数のウインドウの位置はドラッグで移動できます。また、ウインドウ右上のバツボタンをタップすることでウインドウは消去され、バツボタン横のアイコンをタップすることで、通常サイズに拡大することもできます。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

以上、ここまでが「Taskbar」の基本的な使い方となりますが、さらに細かいカスタマイズも用意されています。

下記よりアプリトップ画面に表示される項目のうち、「全般」に含まれるカスタマイズのいくつかを例に挙げて説明します。

アプリトップ画面の「全般」をタップすることで、主に「Taskbar」のデザイン面をカスタマイズできます。

下記より3つの設定を取り上げて説明します。

スタートメニューのレイアウト

「スタートメニューのレイアウト」をタップすると、スタートメニューの表示形式を「リスト」か「グリッド」か選ぶことができます。

スタートメニューとは、画面左下に表示されるアイコンをタップすると現れるアプリ一覧のことで、デフォルトでは「グリッド」となっています。

画面での位置

「画面での位置」をタップすると、スタートメニューのアイコン表示位置を変更できます。

左下・右下・左上・右上にそれぞれ横・縦の計8パターンからカスタマイズできます。

例えば、「右上・縦」と「左上・横」は下記の通りです。

テーマ

「テーマ」をタップすると、「Taskbar」アプリ設定画面のテーマカラーを変更できます。

デフォルトは白基調の「ライト」で、黒基調の「ダーク」へ変更できます。

その他 – 自動起動やアプリ並び順など

その他にも「全般」設定では、Android本体を再起動した際に「Taskbar」アプリを自動起動させる設定もできます。

また「全般」以外の項目では、スタートメニューのアプリ並び順の変更ができたりなど、細かいカスタマイズがいくつも用意されています。

補足:その他「開発者向けオプション」の便利な機能

隠れ機能「開発者向けオプション」は、今回紹介した設定以外にもAndroid上で様々な応用的な機能をオンにしたり、変更できるようになります。

例えば、何らかの理由でAndroidのディスプレイに表示される情報を全て白黒(モノクロ)にしたい場合、「開発者向けオプション」の「色空間シミュレート」より、

画面全体を白黒表示へ変化させることができます。

Nexus 6Pでの画面例。

関連記事

[Android] ディスプレイ画面を白黒モノクロに変化させる設定方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

また、Androidには画面の切り替えやポップアップ表示など、様々な場面で「アニメーション」が有効になっていますが、「開発者向けオプション」より「ウィンドウアニメスケール」や「トランジションアニメスケール」などを調整することで、Androidの体感速度を向上させることができます。

関連記事

Androidで操作の体感速度を向上する方法! アニメーションをオフにして電池持ちも改善できる

他にも「開発者向けオプション」でできる面白い&便利な機能は沢山あります。別記事でまとめているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

[Android] 開発者向けオプションの便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方

〆:Android 7.0のタブレットで大活躍しそう

以上、Taskbar – アプリのウインドウを独立表示! PCのように1つの画面上で複数動かせる [Android] の説明でした。

冒頭に記載した前提条件の通り、「Taskbar」はAndroid 7.0 以上でないと使用できないため、利用できる機種は限定されています。

ただ、いずれAndroid 7.0が普及した際は、タブレット端末や6インチ以上のスマートフォンなど、画面サイズが大きなデバイスで大活躍しそうなアプリだと感じます。

もしすでにAndroid 7.0 を体感できている方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい