AndroidのSDカードへアクセス許可する方法! スマートフォンに外部ストレージ書き込み権限を与えよう

スポンサーリンク

AndroidではSDカード内のファイル編集に失敗することがあり、これは近年のAndroidで導入されている「外部ストレージへのアクセス権限」が関係しています。

そこで本記事では、AndroidのSDカードへアクセス許可する方法を紹介します。

サードパーティ製アプリでも外部ストレージの書き込み権限を付与できるので、ぜひご覧あれ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

AndroidでSDカードのファイル編集を許可する!

例えばASUSの「ファイルマネージャー」というファイル管理アプリで、内部ストレージにある写真をSDカードへ移動しようとすると、

「SDカード実行のパーミッション」と表示され、うまくいきません。

表示されるメッセージはアプリによって異なりますが、「SDカード内のファイルを編集できない」という点は共通しています。

これは、Android 4.4よりアプリのSDカードへの書き込み(例:フォルダ作成 / データ消去)が制限されたのが原因であり、基本的にプリインストールのファイル管理アプリのみアクセス権を持ちます。

ただAndroid 5.0以降ではサードパーティ製アプリでも、個別にSDカードへのアクセス許可を与えることで、この制約を突破することが可能です。

下記よりその手順を解説します。

外部ストレージの書き込み権限を取得する方法

今回の手順はSDカードを編集したいアプリごと個別に設定変更が必要となるため、操作手順はアプリによって異なります。

ただどのアプリでも、操作の流れは共通しています。

①:アプリでSDカードのディレクトリを開く

②:SDカードのディレクトリ一覧上で「選択」をタップする

記事中では、Xperia Z3(Android 6.0.1)でインストールしたASUSの「ファイルマネージャー」を例に手順を説明します。

まず「ファイルマネージャー」でSDカード内を編集する操作を行います(フォルダ作成、ファイル移動など何でもOK)。

すると「SDカードアクセス権限の取得が必要です」のようなメッセージが表示され、画面に従って先に進みます。

この画面はASUSの「ファイルマネージャー」の例だが、別アプリでも同じようなメッセージが表示される。

後は表示するストレージで「SDカード」を選び、SDカード内のディレクトリ一覧画面上に出る「選択」ボタンをタップすればOK。

もしSDカードの表示を選べない場合、オプションより「SDカードを表示」に切り替えてみて下さい。

作業は以上です。

実際にSDカードでフォルダを作成したり、ファイルを移動して正常に動作すれば成功です。

アクセス権限を与えた後、SDカードにフォルダを作成できた例。

参考情報:

今回紹介した「外部ストレージの書き込み権限付与」に関して、関連する情報を解説します。

うまく設定できない場合

付与した書き込み権限が解除される条件

うまく設定できない場合

紹介した手順でうまく設定できない場合、下記3点を確認して下さい。

Androidバージョンが5.0より古い

今回の内容はAndroid 5.0以上が対象となり、Android 4.4では設定できません。

OSバージョンアップが可能であれば準備して下さい。

関連記事

AndroidのOSバージョンを調べアップデートする方法! 最新機能へソフトウェアを上げよう

アプリが外部ストレージの書き込み権限付与に対応していない

外部ストレージの書き込み権限付与は、アプリによって非対応のケースもあります。

ただメジャーなアプリはおおむね対応しているので、もしお使いのアプリでうまくできない場合は、別のアプリで試してみて下さい。

例えばファイル管理アプリとして有名な下記2アプリも問題ありませんでした。

左が「Yahoo!ファイルマネージャー」、右がFlashlight + Clockの「ファイルマネージャー」の設定画面。

またプリインストールアプリであれば標準で外部ストレージの書き込みが可能なので、合わせてお試し下さい。

SDカードに問題がある

ネット上では「そもそもSDカードのディレクトリ一覧が表示されない」という報告を目にします。

うまくマウントできていない

SDカードとアプリ・端末の相性が悪い

まずSDカードを再マウントしてみましょう。

この操作だけではSDカード内のデータは消えません。

例えばXperia Z3(Android 6.0.1)なら、「設定」→「ストレージ」よりSDカードをマウント解除でき、

再びタップしてマウント(SDカードを再認識)できます。

この状態でも設定したいアプリでSDカードのディレクトリ一覧が表示されない場合、残念ながらお使いのSDカードとアプリ(または端末)の相性が悪い可能性もあります。

新しいSDカード購入も選択肢としてあります。

参考 価格.com – SD書き込み権限を有効にできない

付与した書き込み権限が解除される条件

外部ストレージの書き込み権限付与は、基本的に各アプリごと一度設定すればずっと解除されません。

ただ下記条件に当てはまる場合、権限が解除され再設定が必要です。

設定したSDカードとは別のSDカードを使う場合

設定したSDカードをフォーマットした場合

アプリを初期化した場合

「同じSDカードの抜き差し(認識を解除→再マウント」をしても、外部ストレージの書き込み権限は付与されたままです。

SDカードをフォーマット(初期化)する方法は下記記事にて、

関連記事

AndroidとMacでmicroSDカードのデータを消去する方法! 最初の状態へフォーマットして削除しよう

アプリを初期化する方法は下記記事にて詳細を解説しています。

関連記事

アプリを削除せずデータを初期化する方法! アンインストール不要で最初の状態に戻す [Android]

補足:その他空き容量不足を解消する豆知識

今回紹介した方法で内部ストレージからSDカードへデータを移すことで、Androidの容量不足を軽減できます。

関連記事

AndroidでSDカードにファイルを移動する方法! データ保存先を変えて内部ストレージ容量を空けよう

ただコレ以外にも、Androidの内部ストレージ不足を解消するワザは色々とあります。

例えば、Androidで内部ストレージ容量不足の犯人として挙がることの多い「.thumbnails」フォルダを削除するだけで、数GB単位で空きが増えるかもしれません。

関連記事

Androidの内部ストレージ容量を圧迫する「.thumbnails(thumbdata)」フォルダの削除方法まとめ

また、Android 6.0からの新機能「Adoptable Storage」を利用すれば、挿入しているSDカードを本体の内部ストレージとして設定できるので、容量不足対策になります。

本来設定できない「Xperia Z3(Android 6.0.1)」でSDカードを内部ストレージ化した例。

関連記事

全てのAndroidでSDカードを内部ストレージとして使う方法! 容量不足の機種でもアプリを保存できる

それ以外にも様々な豆知識を別記事にてまとめているので、ぜひどうぞ。

関連記事

Androidの空き容量不足を解消する豆知識まとめ! 内部ストレージを節約してメモリを増やす設定方法

〆:SDカードも自由に編集しよう!

以上、AndroidのSDカードへアクセス許可する方法! スマートフォンに外部ストレージ書き込み権限を与えよう の説明でした。

AndroidでSDカードを利用するにあたって、今回の設定をすれば”できるコト”の幅が広がります。

ぜひ、ご参考下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい