タッチパネルが壊れて反応しないAndroidを修理せず使う活用方法! 画面が割れて動かなくても操作できる

スポンサーリンク

Androidを使っていると、画面の反応が悪くなり、タッチパネルが正常に動作しないことがあります。

そこで本記事では、タッチパネルが壊れて反応しないAndroidを修理せず使う活用方法を紹介します。

画面が割れていても、様々な手段で操作することができます。ぜひご覧あれ。

Androidの電源ボタンが壊れて困っている方は、下記記事に対策をまとめています。

関連記事

電源ボタンが壊れて反応しないAndroidを修理せず使う活用方法! [画面オンオフ/スクショ撮影]

また、iOS(iPhone / iPad)で同様にタッチパネルが壊れて困っているなら、下記記事を参考あれ。

関連記事

[iOS] タッチパネルが壊れて反応しないiPhoneを修理せず使う活用方法! 画面が割れて動かなくても操作できる

photo by Pixabay

スポンサーリンク

タッチスクリーンの調子が悪いAndroidの対処!

本記事では大きく下記2パートに分けて記載をしています。

①:タッチパネルの異常を直す方法

②:調子の悪いタッチパネルを活用する方法

まず、①の方法で元の正常な画面へ戻せないか試してみて下さい。

それでも改善しない場合、快適に認証しないタッチスクリーンのまま、②の方法でAndroidを操作する様々な方法を実践してみて下さい。

①:タッチパネルの異常を直す方法

ハードウェア的な問題ではなく、ソフトウェア的な原因でAndroidのタッチパネルに不具合が発生している場合、下記に挙げる方法を試すことで正常に戻る可能性があります。

Androidを再起動する

Androidで何らかの問題が発生した際の伝家の宝刀「再起動」です。

電源ボタン長押しで「再起動」を選択することができます。

左:Nexus 6P(Android 7.1.2) / 右:Xperia X Performance(Android 7.0)

ただ、機種やOSバージョンによって電源ボタン長押しで「再起動」が表示されないケースもあり、その場合は「電源を切る」選択後、再び電源ボタン長押しで端末を起動させる手順が必要です。

Xperia Z1(Android 4.4.2)

また、もし何らかの理由で通常の再起動を実施できない場合は、「強制再起動」してみましょう。詳しくは別記事でまとめています。

関連記事

[Android] 強制的に再起動する方法まとめ! 強制終了で電源を落とす [Xperia/Galaxy/Nexus]

再起動後に画面をタップして、正常に動作するか試してみて下さい。

セーフモードで起動する

別途インストールしたアプリによってタッチパネルに異常が発生している可能性があります。

最近新しいアプリを導入して以降で調子が悪ければ、対象アプリをアンインストールしてみて下さい。

関連記事

Androidで不要アプリを削除(アンインストール)する方法! 標準プリインソフトも無効にできる

もし心当たりのアプリがない場合、Androidを「セーフモード」で起動して事象が改善しないか確認してみて下さい。

関連記事

[Android] セーフモードに入って起動する方法まとめ! 設定/解除手順を把握して悪いアプリを特定しよう [Xperia/Galaxy/Nexus]

「セーフモード」によりプリインストールアプリでのみAndroidを起動できるため、「セーフモード」状態でタッチパネルが正常に動作するなら、何らかのアプリに原因があることを判別できます。

Xperia Z5 Premiumでの例。

ちなみに「どのアプリに原因があるか」までは判断できないため、1つずつアンインストールして解決しないか確認する必要があります。

開発者向けオプションをオフにする

Androidの隠れ機能「開発者向けオプション」を使えば、通常の設定では変更できない部分までカスタマイズが可能となります。

関連記事

[Android] 開発者向けオプションの便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方

一方、「画面のタッチ動作」に影響を与える設定も存在するため、「開発者向けオプション」が不具合の原因になっている可能性もあり得ます。

そこで、一度設定をオフにして事象が改善しないか確認してみて下さい。

スリープモード等のトグルが自動でオフに切り替わる

関連記事

Androidで「開発者向けオプション」を初期値に戻す方法! 設定を一度にリセットして正常化しよう

その他:基本的な事項を再確認する

スマートフォンのスクリーンは「電気」に反応して動作するため、指の静電気が伝わらないと正常に動作してくれません。

そのため下記2点に問題があり、タッチパネルの調子が悪い可能性があります。

指が乾燥している

画面が汚れている

指が乾燥している

Androidの画面を触れると、指に微量で覆われる汗や水分によって静電気がスマートフォンのスクリーンに伝達されます。

そのため、指が過度に乾燥しているとタッチパネルが動作しないことがあります。少し指を湿らせてみて事象の改善がないかチェックしてみて下さい。

同じ理屈で「タッチパネル対応手袋」が原因かもしれないので、外した状態での操作性も合わせて確認を。
画面が汚れている

画面が汚れているとタッチした部分が反応しなかったり、逆に汚れがタップと誤検知して正常な動作とならないことも。

特に画面保護フィルムを装着しているなら、長年の装着でゴミが溜まり、不具合に繋がっている可能性があるため、シートを剥がした状態で画面に触れてみて改善するかチェックして下さい。

Androidを初期化する

以上までの方法全てを試しても事象の改善がない場合、最後の手段としてAndroid本体の初期化が残されています。

下記からはNexus 6P(Android 8.0)の設定画面における手順を例に說明しています。

初期化実施前に、大切なデータのバックアップは忘れずに!

関連記事

Androidのデータをバックアップする方法! スマートフォンのデータを保存する特徴と使い方まとめ

「設定」→「システム」より「リセット」へ進み、

「データの初期化」より「モバイル端末をリセット」で初期化できます。

他にもGoogle公式のFind My Device(旧称:Androidデバイスマネージャー)を使って、遠隔から初期化指示を送ることも可能です。画面タップが認識されず、「設定」から初期化できないならコチラの方法をお試し下さい。

Find My Device
Find My Device
Developer: Google LLC
Price: Free

関連記事

Find My Deviceの使い方! 旧Androidデバイスマネージャーで紛失/盗難時に遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法

また、何らかの理由で上記方法で初期化を実行できない場合、リカバリーモード等を活用した強制的にデータ削除を実施する方法もあります。

関連記事

[Android] リカバリーモードの起動手順と強制初期化する使い方 [Galaxy / Nexus]

Xperiaシリーズの場合は、少し手順が異なりますので合わせてどうぞ。

関連記事

Xperiaをリカバリーモード不要で強制初期化する方法! パスワード不明でもデータ削除できる [Android]

Androidの初期化に関わる内容は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Androidを初期化する方法まとめ! スマートフォンやタブレットの個人情報を消去しよう

②:調子の悪いタッチパネルを活用する方法

Androidを初期化までして事象が改善しない場合、ソフトウェア的な問題ではなく、そもそもハードウェア的にスクリーンが故障しておりAndroidのタッチパネルに不具合が発生している可能性が高いです。

完全な状態に戻すには端末を修理に出す必要がありますが、一時的にそのまま使いたいなら、下記に挙げる方法で操作できる可能性があります。

下記に挙げる方法の中には、別途アプリを導入する必要がありますが、そもそも画面が壊れておりインストールできないケースもあるでしょう。

もし別端末(例:PC / タブレット)からGoogle Playのブラウザサイトへアクセスできる環境があるなら、遠隔でアプリをインストールする方法が役に立つかもしれません。

関連記事

[Android] スマートフォンのアプリを遠隔でインストール/アンインストール(削除)する方法

問題ない画面領域でのみタッチパネルを使う

もし画面のタッチパネルが全画面ではなく”一部領域”でのみ反応しないなら、問題ない画面領域でのみ操作することで一応使うことはできます。

例えば別記事でまとめている様々なアプリを導入することで、下記のような機能を専用の操作メニュー上で完結できます。

基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)の操作

各種アプリの起動

機能スイッチ(例:Wi-Fi / Bluetooth)の起動

関連記事

Androidの使い勝手を劇的に変えるアプリまとめ! 専用の操作メニューでホーム画面が不要になる

操作メニューはAndroid画面上の好きな場所へ移動できるため、タッチに問題ない画面領域に配置することで、いつも通り使えるかもしれません。

Swiftly Switch」アプリの操作メニュー例。

物理ボタンやセンサー機能でAndroidを操作する

Androidを操作する手段は画面のタッチパネルだけでなく、物理ボタン(例:電源キー / 音量キー)やセンサー機能(例:近接センサー / 重力センサー)を有効活用する選択肢もあります。

別記事でまとめている様々なアプリを導入することで、下記のような機能を”タッチパネル以外”の手段で実行できます。

基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)の操作

各種アプリの起動

機能スイッチ(例:Wi-Fi / Bluetooth)の起動

関連記事

Androidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用する豆知識まとめ! タッチパネル不要で操作できる

例えば「Fingerprint Quick Action」というアプリを使えば、指紋認証ジェスチャーで指定アプリを開いたり通知領域の表示ができるようになります。

パソコンからAndroidを遠隔操作する

もしパソコンをお持ちであれば、遠隔でAndroidを操作できます。

例えば「Vysor」というChrome拡張機能を使えば、USBケーブルを通してAndroid上の画面をブラウザ上でミラーリングし、PCよりタップやスワイプ操作が可能です。

Vysor
Vysor
Developer: vysor.io
Price: Free

MacにNexus 6Pの画面をミラーリングした例。

関連記事

Vysor – AndroidをPCへミラーリング! USBケーブルでChrome画面上に投影&遠隔操作できる

パソコンからAndroidの通知を確認する

もしパソコンをお持ちであれば、遠隔からAndroidの通知を確認できます。

例えば「Pushbullet」というアプリを使えば、PC側のブラウザ上で、スマートフォンに届いた通知一覧を確認できます。

Pushbullet - SMS on PC
Pushbullet - SMS on PC
Developer: Pushbullet
Price: Free+

関連記事

Pushbullet – スマートフォンの通知をPC上で確認/管理できる無料アプリ [iPhone/Android]

外付けキーボードやマウスを接続して操作する

もし外付けキーボードやマウスがあれば、USB接続やBluetooth接続でAndroidを操作できます。

例えばApple純正の「Magic Keyboard」をAndroidのBluetoothでペアリングすれば、

タッチスクリーンの仮想キーボードを使わずとも、外部キーボードより文字入力が可能です。

同様にApple純正の「Magic Trackpad」をAndroidのBluetoothでペアリングすれば、画面上にマウスポインタが表示され、タップ・スワイプ等の操作が可能です。

参考:可能な範囲でデータはバックアップしておこう

もしAndroidのタッチパネルに不具合を感じ始めたら、完全に使えなくなる前にデータのバックアップをしておきましょう。

Google公式の「Googleアカウント」を使えば各種設定項目を保存できますし、写真やLINEトーク内容はそれぞれ個別アプリでバックアップ作業が必要です。

Nexus 6P(Android 8.1.0)のバックアップ画面例。

詳細は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Androidのデータをバックアップする方法! スマートフォンのデータを保存する特徴と使い方まとめ

〆:タッチパネルが使えずとも操作できるかも

以上、タッチパネルが壊れて反応しないAndroidを修理せず使う活用方法! 画面が割れて動かなくても操作できる の説明でした。

もしハードウェア的にタッチパネルが壊れていても、後半で紹介した様々な方法で何とかAndroidを操作可能です。

が、やはり限界があるので、最終的には修理に出すか、新機種への変更が求められるでしょう。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい