Galaxy限定機能の使い方と再現方法まとめ! Samsung専用の設定やアプリでAndroidを超カスタマイズしよう

スポンサーリンク

Androidはシステム設定に関わる部分までカスタマイズできるのが魅力の1つですが、特にGalaxyシリーズは独自機能が搭載されるケースも多く、Galaxyにしか存在しない設定や限定アプリを本ブログ上でも紹介しています。

そこで本記事では、Galaxy専用の設定やアプリでAndroidを超カスタマイズする方法をまとめて紹介します。

Galaxyユーザーはもちろんのこと、それ以外のAndroid機種を使用中でも、特別なアプリや設定を施すことでGalaxy限定機能を再現する豆知識も解説しているので、ぜひご覧あれ。

photo by Samsung Newsroom

スポンサーリンク

Galaxyをもっと便利に使う豆知識まとめ!

本記事では、「Galaxyの独自機能を使いこなすワザ」と「全てのAndroid機種でGalaxy独自機能を再現するワザ」を説明しています。

下記より順番に解説しています。

①:端末を自動で再起動する設定

最新のGalaxyシリーズでは、設定より指定したスケジュールで電源オン / オフを自動で実行することができます。

もし定期的に手動で再起動をしているなら、自動化できて大変便利です。

関連記事

[Galaxy S7] Androidを自動で再起動する方法! 指定したスケジュールで電源オン/オフを実行

残念ながらGalaxy以外のAndroid機種の場合、自動で再起動を実現できるアプリは存在しません(厳密には存在しますが、root権限取得が必要など色々とハードルがあります)。

②:初期化せずに画面ロックを解除する設定

Androidで設定している端末暗証番号(画面ロック / パスワード)を忘れてしまった場合、Galaxyシリーズなら事前にGalaxyアカウントを設定しておくことで、画面ロックのパスワードを忘れても、中のデータを初期化せずにロック解除が可能です。

関連記事

暗証番号を忘れたAndroidを初期化せずに画面ロックを解除する方法! パスワードが分からなくてもリセットできる [Galaxy限定]

残念ながらGalaxy以外のAndroid機種の場合、データを消去せずに画面ロックを解除する方法は存在しないため、本体を初期化(リセット)するしかありません。

関連記事

[Android] 暗証番号を忘れた端末をリセットする方法! 画面ロックやパスワードの分からないスマートフォンは強制初期化しよう

例外として下記ケースなら「データを消去せずに画面ロックを解除」が可能です。が、どれも現実的ではありません。

1つ目は、root化したAndroidや企業が導入している有償のMDMソフトをインストールしているAndroidの場合、パスワードを忘れてもデータを残したままロック解除できる機能があります。ただ多くの一般ユーザーは対象外でしょう。

2つ目は、かつて存在した「Androidデバイスマネージャー」というGoogle公式サービスを使用すれば、パスワードやパターンを忘れた際、新しいパスワードへ上書きができたので、端末を初期化せず、データを残したままロック解除が可能でした。

関連記事

Find My Deviceの使い方! 旧Androidデバイスマネージャーで紛失/盗難時に遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法

が、アプリのアップデートにより現在では使えない機能となっています。

③:SoundAssistant – ボリューム機能を超強化するアプリ

Samsung公式のGalaxy限定アプリ「SoundAssistant」を使えば、下記のような機能を実現できます。

スケジュール機能 – 時間帯に応じてサウンドを自動変更できる

フローティング機能 – 様々な音量調整可能なSoundAssistantボタンを使える

メディア音量の優先機能 – 音量ボタンで着信音ではなくメディア音量を変更できる

アプリ別調整の機能 – 各アプリの音量をそれぞれ独立して変更できる

音質とエフェクト機能 – イコライザーなどで音質をカスタマイズできる

このアプリだけで幅広いサウンド設定を調整できるのが魅力となります。

関連記事

[Galaxy限定] アプリごと音量調整や曜日別サウンド自動変更をする方法! Androidボリューム機能を超カスタマイズしよう

一方Galaxy以外のAndroid機種の場合、個別アプリを組み合わせることで「SoundAssistant」同等の環境を再現できます。

例えば「Volume Scheduler」というアプリを使えば、指定した曜日・時間帯に応じて、自動でAndroidのサウンド設定を変更可能となります。

Volume Scheduler
Volume Scheduler
Developer: Yogesh Dama
Price: Free+

仕事中である「平日・日中」では自動でマナーモードとする設定の例。

関連記事

Volume Scheduler – 曜日や時間帯で音量を変更! 機能別にボリューム調節もできる [Android]

また「MacroDroid」というアプリを使えば、自宅や会社など普段接続しているWi-Fiのネットワーク名(SSID)検出をトリガーに、Androidのサウンド設定を変更可能となります。

MacroDroid - Device Automation
MacroDroid - Device Automation

会社のWi-Fiへ接続したので「マナーモード」を自動設定した例。

関連記事

自宅や会社でマナーモードを自動設定! 特定Wi-Fi SSID接続を検知して設定を変更 [Android]

各機能ごと個別にアプリをインストールするのが少し手間ですが、詳細について関連記事をご覧あれ。

④:エッジパネル – 画面端に専用の操作バーを表示

GalaxyのEdgeシリーズで導入されている「エッジスクリーン(曲面有機ELディスプレイ)」を使えば、画面端に操作バー(エッジパネル)を表示して、画面を最大限に楽しんだり、操作の切り替えなどもよりスムーズにできます。

詳細な使い方はGalaxy公式サポートにて解説されています。

参考 Galaxy – エッジパネルについて 

さらに「Side Apps Bar」というアプリを使えば、Galaxy以外のAndroid機種でも擬似的にエッジパネルを導入することができます。

2018年4月現在、「Side Apps Bar」アプリはGoogle Play上から削除されているため、Androidの「提供元不明のアプリ」を有効にしてから直接apkファイルをダウンロードすることで入手できます。

ダウンロード Side Apps Bar

関連記事

[Android] 提供元不明アプリのインストール方法! Google Playにない非公式apkを楽しもう

Nexus 6Pにエッジパネルを導入した例。

関連記事

全機種でGalaxy「エッジパネル」を導入する方法! 画面端から好きなアプリや機能を起動しよう[Android]

⑤:Always On Display – 消灯中も時計やカレンダーを表示

Galaxy S7シリーズより導入された「Always On Display」により、ディスプレイ消灯中であっても画面上に時計やカレンダー、届いている通知などを常に表示可能となりました。

電源ボタンに触らずとも情報の確認が可能となり便利です。

関連記事

[Galaxy S7] Always On Displayの使い方! ディスプレイ消灯中も時計やカレンダーを常時表示

さらに「Always On AMOLED」というアプリを使えば、Galaxy以外のAndroid機種でも擬似的にAlways On Display機能を導入することができます。

Always On AMOLED - BETA
Always On AMOLED - BETA

バッテリーを節約しつつ時計やカレンダーなど「よく確認する情報」を画面に表示できるのが長所となっています。

関連記事

Always On AMOLED – 全Android機種でAlways On Display機能を再現できるアプリ

⑥:クイック設定の明るさ変更がより便利になる設定

Android標準の明るさ変更はクイック設定より可能ですが、仕様上クイック設定を二段階開く必要があるため、頻繁に明るさを変更したい場合に少し面倒です。

ただ最新のGalaxyシリーズであれば、明るさ調整スライダを1段階目の画面上に常時表示できるように設定変更ができます。

関連記事

[Android] 通知領域に画面明るさバーを常に表示する方法! クイック設定で明度調整スライダをすぐ起動しよう [Galaxy限定]

Galaxy以外のAndroid機種の場合、「Display brightness」というアプリを使えば、画面上のどこからでも即座に明るさを変更できるようになります。

ダウンロード Amazonアプリストア – Display brightness

関連記事

Display brightness – どこでも即座に明るさ変更! 端をなぞって輝度を調整できる [Android]

⑦:Galaxy特有の「戻る/タスク」左右ボタンを入れ替える

Galaxyシリーズはナビゲーションバーの「戻る」ボタンと「タスク」ボタンの位置が通常と逆になっており、左が「タスク」、右が「戻る」ボタンであるため慣れるまで大変です。

そこでアプリ「All in one Gestures」アプリを使えば、「戻る / タスク」ボタンに好きな機能を割り当てることができるので、左右ボタンの入れ替えも可能です。

All in one Gestures
All in one Gestures
Developer: YS Liang
Price: Free+

このアプリを応用すれば、通常のAndroid機種をGalaxy特有の「戻る/タスク」ボタンの並び順に変えることもできます。

⑧:物理キーが壊れたGalaxyに仮想ボタンを設置する

Androidの基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)は、最近の機種では画面下部のナビゲーションバーにソフトキーとして表示されるものが多い一方、Galaxyシリーズは伝統的にホームボタンは物理キーとなっています。

そのため、使用期間が長い機種でハードキーが故障すると操作に多大な問題が生じますが、ホームボタンの仮想キーを追加するアプリ「Multi-action Home Button」を使えば、代替となるバーチャルボタンを配置可能です。

Multi-action Home Button
Multi-action Home Button

青いボタンが仮想キーを役割となる。

関連記事

物理キーが壊れたGalaxyに仮想(バーチャル)ホームボタンを設置して代用する方法! [Android]

⑨:GalaxyでもシステムUI調整ツールを使う

Androidの「システムUI調整ツール」は主にステータスバー関連のカスタマイズができる便利な機能ですが、GalaxyシリーズやLGシリーズのスマートフォンでは機能にロックがかかり使えないケースがあります。

関連記事

設定にシステムUI調整ツールを追加/削除する方法! Androidのデザインをカスタマイズしよう

少しハードルは高いですが、アプリ「SystemUI Tuner」とadb利用環境の用意をすれば、Galaxyでも擬似的にシステムUI調整ツールが使えます。

SystemUI Tuner
SystemUI Tuner
Developer: Zachary Wander
Price: Free+

関連記事

システムUI調整ツールを全ての機種で利用する方法! Galaxy/LGでも使える裏ワザ [Android]

〆:Galaxyの便利な機能を使いこなそう!

以上、Galaxy限定機能の使い方と再現方法まとめ! Samsung専用の設定やアプリでAndroidを超カスタマイズしよう の説明でした。

記事中で触れた通り、Galaxyには様々な独自機能があるので、まだ使ってなければぜひお試し下さい。

また個別アプリを導入することで、全てのAndroid機種でGalaxyの便利な機能を再現できます。

合わせてご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい