Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう

スポンサーリンク

本ブログでも過去、Androidのナビゲーションバーに関する記事を多数記載してきました。

【ナビゲーションバーとは】 – Androidで基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)が表示される領域のこと。特に最近のスマートフォンで多い「ハードキーを持たない端末」において、画面上にその代わりとなる「ナビゲーションバー」が配置されています。

そこで本記事では、過去当ブログで取り上げたAndroidでナビゲーションバーをカスタマイズする方法をまとめて紹介します。

見た目を劇的に変化させるアプリや、機能面を自由に拡張できるユーティリティーまで幅広く記載しているので、ぜひご覧あれ。

photo by Maurizio Pesce

スポンサーリンク

Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ!

本記事では、Androidでナビゲーションバーをカスタマイズする様々な方法を說明しています。

下記より順番に解説しています。

①:ナビゲーションバーの色をカスタマイズする

ナビゲーションバーの背景色は、基本的に「黒」か「透明」の場合が大半となっています。が、もしこの部分のカラーを自由に変更できたら面白いですよね?

そこで「Navbar Apps」というアプリを使えば、起動するアプリに合わせて自動的にカラフルなナビゲーションバーへ変化させることが可能です。

Navbar Apps
Navbar Apps
Price: Free+

本アプリではさらに、ナビゲーションバーに絵文字を表示したり、音楽に合わせてビジュアライザーを流したりもできるため、見た目を幅広くデザインすることができますよ。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

ナビゲーションバーの色をカスタマイズする方法! アプリのテーマカラーへ背景を変える [Android]

②:ナビゲーションバーに音楽ビジュアライザーを表示する

Muviz」というアプリを使えば、再生中の楽曲を「可視化」する「ビジュアライザー」を有効にして、曲のテンポやビートに合わせてナビゲーションバーで上下するバーを表示することができます。

予め用意されている多種多様なデザインから好みのビジュアライザーを選択できる他、ユーザー自身でオリジナルのビジュアライザーを作成し、設定することもできる面白いアプリですよ。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

ナビゲーションバーに音楽ビジュアライザーを表示する方法! デザインも自作できる [Android]

③:ナビゲーションバーの配置変更やボタン追加をする

ナビゲーションバー上には基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)のみ(原則)表示されており、機種によってその順番も固定されています。

ただ「Custom Navigation Bar」というアプリを使うことで、ボタンの位置をズラしたり、4つ目 / 5つ目のボタンを追加することができます。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer: paphonb
Price: Free+

例:左端は「Notifications」を、右端は「設定」を起動するアイコンを配置したケース。

root不要な一方、adbコマンドを扱う必要があったり、一部機種で非対応だったりとハードルは高めです。が、ナビゲーションバーの見た目や機能性を劇的に変化できる大変面白いアプリとなっています。

ステータスバーとナビゲーションバーを隠して全画面表示にする機能もある。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Custom Navigation Bar – Androidナビゲーションバーをカスタマイズ(配置変更/ボタン追加)

④:ナビゲーションバー付近にMacのTouch Barを導入する

近年のMacBook Proでは「Touch Bar」という新しい機能が搭載されており、「音量」や「明るさ」などを素早く調整ができます。

ここで「TouchBar for Android」というアプリを使えば、Androidでもナビゲーションバー上部に擬似的なTouch Barを実現することができます。

TouchBar for Android
TouchBar for Android

MacのTouch Bar同様に、明るさや音量変更ができる他、「クイック設定パネル」と同様に「Wi-Fi / Bluetooth / 画面自動回転」の制御なども可能です。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

AndroidにMacのTouch Barを導入する方法! 各種機能の変更や指定アプリ起動が超ラクチンに

⑤:壊れた物理キーの代わりに仮想(バーチャル)ボタンを設置する

最近の機種では、ナビゲーションバー上に基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)が表示される仕様が多いですが、以前だとソフトキーではなく物理ボタンとして搭載されている機種も多く、特にGalaxyシリーズは伝統的にホームボタンは物理キーとなっています。

そのため、使用期間が長い機種でハードキーが故障すると大きな問題が生じますが、そんな時は「Multi-action Home Button」というアプリを使うことで、物理ボタンの代わりとなるホームボタンの仮想キーを配置できるようになります。

Multi-action Home Button
Multi-action Home Button

青い光の部分が仮想ホームボタンを示し、タップするとホームキーを押した際と同様の動作となる。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

物理キーが壊れたGalaxyに仮想(バーチャル)ホームボタンを設置して代用する方法! [Android]

またホームボタンのみならず、戻るボタンやタスクボタンも仮想キーを配置したいなら「戻るボタン」というアプリが便利。

戻るボタン (root不要)
戻るボタン (root不要)

ディスプレイ上の任意の領域にもう1つのナビゲーションバーが表示され、物理キーが壊れていても代替することができます。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Androidにバーチャル(仮想)ボタンを追加する方法! 物理キー(ホーム/戻る/タスク)故障時に便利

⑥:Galaxyの「戻る/タスク」左右ボタンを入れ替える

Androidのナビゲーションバーに位置する基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)は、中央が「ホーム」ボタン、左が「戻る」ボタン、右が「タスク」ボタン、というのが通常配置となっていますが、Galaxyシリーズでは伝統的に「戻る」と「タスク」ボタンの位置が逆になっています。

そのため、他のAndroid機種利用経験がある人にとって、非常に紛らわしい特徴となっていますが、「All in one Gestures」というアプリを使えば「戻る/タスク」左右ボタンを入れ替えることができます。

All in one Gestures
All in one Gestures
Developer: YS Liang
Price: Free+

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Galaxyスマートフォン「戻る/タスク」左右ボタンを入れ替え通常のAndroid標準配置とする方法

⑦:ステータスバー/ナビゲーションバーを隠して全画面表示にする

Androidでは特定アプリ使用時、ステータスバーとナビゲーションバーを隠した「全画面表示」へ切り替えが可能ですが、好きなタイミングでの変更はできない仕様となっています。

そこで「Hide System Bar」というアプリを使うことで、任意のアプリ/設定上でも強制的にフルスクリーン表示ができるようになります。

Hide System Bar (Full Screen)
Hide System Bar (Full Screen)

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Androidを強制的に全画面表示する方法! ステータスバーとナビゲーションバーを隠してフルスクリーンモードへ

⑧:ナビゲーションバーの焼き付き問題を解決する

同機種を長期間使っていると、ディスプレイの「焼き付き」現象により、画面を次に切り替えても薄っすら残像が残り続ける問題が出てきます。

特にナビゲーションバーは画面上で常時表示されているケースが多く、焼き付きによりそれ以外の部分との境が目立つようになりがちです。

上記3領域の焼き付きが目立つケースが多い。

ボクも2年近く使っているNexus 6Pでこの問題が発生しました。

例:「ナビゲーションバー」と「ドック」が「焼き付き」現象を起こしている。

そこで「焼き付き」現象の解決方法として、白一色の画像をディスプレイ全体に表示し続けるアプリ「液晶焼き付きクリーナー」を使うことで、ある程度軽減できる場合があります。

このアプリにより、画面全体を完全に白一色へ切り替えることができます。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Androidで液晶の焼き付き問題を解決する方法! スマートフォン画面の残像を防止する対策

〆:ナビゲーションバーを自由にカスタマイズしよう!

以上、Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう の說明でした。

Androidのナビゲーションバーは常時画面上に表示される場面が多いため、今回紹介したアプリで見た目や機能面を自分好みにカスタマイズすることで、より使い勝手が向上してオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい