クイック設定のカスタマイズ方法[Nexus 6P/Android 6.0 Marshmallow(マシュマロ)]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4562_19

Nexus 6Pを始め、Android 6.0 Marshmallow(マシュマロ)搭載のスマートフォンでは、クイック設定をカスタマイズできます。

本記事では、その手順について記載します。

スポンサーリンク

クイック設定のカスタマイズとは

クイック設定って何?

クイック設定とは、画面上部ステータスバーをタップし、下へスライドさせると出てくる項目のこと。

8410_01

クイック設定のカスタマイズするメリット

クイック設定はWi-Fiのオンオフができたり、マナーモード設定ができたり、色々便利なのですが、一方でほぼ使わない項目もあったりして、正直邪魔な機能もアリます。

そこで、多すぎる初期値の項目をクイック設定のカスタマイズにより、自分だけの最適な配置に変更することができるのです。

クイック設定をカスタマイズする方法

手順①:「システムUI調整ツール」を追加

まだAndroidの設定画面に「システムUI調整ツール」が表示されていない場合、追加する必要があります。

追加の手順やシステムUI調整ツールの説明については、下記記事をご参照下さい。

下記のように「システムUI調整ツール」が表示されるようになれば準備OKです。

4562_20

手順②:「クイック設定」のカスタマイズ画面へ

追加された「システムUI調整ツール」へ入ると、最初は「一部の方限定ですよ!」みたいな注意文が表示されるので、OKを選択。

4562_05

「システムUI調整ツール」の初期画面より、「クイック設定」をタップ。

4562_06

すると、バンっと、現在のクイック設定のプレビューが見れます。うーん、雑多なかんじ、ですね。

4562_07

この1つ1つの設定項目をクイック設定では「タイル」と呼んでいます。下記よりこのタイルを削除したり、順番を変えたりします。

手順③:不要なタイルの削除や並び替えをする

不要なタイルの削除

まず、不要なタイルを消していきます。

例えば、「色を反転」なんかいらねぇよ!という場合、下記画像のように、「色を反転」を長押しし、続いて下部にある「タイルを追加」へドラッグ&ドロップします。

4562_08

すると、「削除」の表記が出現し、消去されます。ちょっとだけ、スッキリしましたね。

4562_09

同様の作業を、その他不要な項目に対し行っていくと・・・

4562_10

超スッキリしました!

これにて完了です。試しに「クイック設定」を見てみると、

4562_11

ご覧の通り、整理されました!

タイルを並び替える

続いて、この「クイック設定」のタイルは並び替えが可能です。

先ほどのカスタマイズ画面上で、並び替えしたいタイルを長押しして、配置したい場所にドラッグ&ドロップすると、位置変更ができます。

ボクは、デザインや利用頻度など、総合的に考えて、下記画像のような配置にしてます。

4562_11

備考:「クイック設定」を初期設定へ戻す

補足情報として、「クイック設定」を初期値に戻したいという場合は、カスタマイズ画面の右上アイコンをタップすると、「リセット」を選択でき、戻せます。

4562_14

「システムUI調整ツール」は他にも機能満載!

ちなみに、「システムUI調整ツール」では、「クイック設定」以外にもカスタマイズ可能な項目があります。

「ステータスバー」をカスタマイズ!

「システムUI調整ツール」から「ステータスバー」のカスタマイズができます。

下記のように、ステータスバーの右側に何も表示されないようにすることもできます。

8551_02

電池残量表示をカスタマイズ!

「システムUI調整ツール」から「電池残量表示」のカスタマイズができます。

下記のように、電池残量の割合が常に数値で表示されるようになります。

8537_01

まとめ:カスタマイズは面白い!

以上、説明でした。

やっぱりスマホを自分好みにカスタマイズするのって楽しいです。

ちなみに、「クイック設定に残すべき項目って何だろう?」という方。ボクがオススメする項目リストも下記記事で説明しているので、ぜひチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする