[Android] apkファイルの場所を調べダウンロードする方法! 抽出したアプリを再インストールしよう

スポンサーリンク

Androidのアプリは通常Google Play上から入手できますが、万が一に備えてインストール中アプリのファイル(=apkファイル)をバックアップしておくと安心です。

そこで本記事では、Android内apkファイルの場所を調べ、ダウンロードする方法を紹介します。

抽出したアプリはそのまま再インストールもできるので、手順を知ってると役立ちますよ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

Androidアプリのapkを抽出する!

【apkとは?】 – Android向けアプリを構成するパッケージのこと。ファイル拡張子は”.apk”。Androidに入れることでapkが作るアプリをインストールできる。

Androidでapkファイルをバックアップしておくメリットは大きく2点あります。

アプリ更新後でもapkからダウングレードできる

プリインストールアプリを削除してもapkから再インストールできる

本記事ではapkを抽出する手段として2通り解説しています。

Androidの専用アプリで抽出する

adbコマンドでパソコンから抽出する

Androidの専用アプリで抽出する

Apk Extractor」というアプリを使えば、Androidにインストール中アプリのapkを抽出し、内部ストレージの指定フォルダへ保存できます。

Apk Extractor
Apk Extractor
Developer: meher
Price: Free

Android 要件:端末により異なる

価格:無料

Apk Extractorを起動すると、Androidにインストール中のアプリ一覧が表示されます。

数が多いので、アプリ名を検索すると早く見つかるでしょう。

後は目的のアプリをタップすれば、内部ストレージの「ExtractedApks」フォルダにapkファイルが保存されます。

Xperiaのプリインアプリ「What’s New」を抽出した例。

ファイル管理アプリで確認できればOKです。

adbコマンドでパソコンから抽出する

adbコマンド環境が整ったパソコンがあれば、Androidにインストール中アプリのapkを抽出し、そのままパソコンへ保存できます。

セキュリティ上の懸念から、サードパーティ製アプリを使いたくない方にオススメです。

adbコマンド環境を整える

この方法では、事前に下記2点の準備が必要です。

パソコンでadbコマンドを使えること

Androidで「USBデバッグ」をオンにすること

パソコンでadbコマンドを使えること

お使いのパソコンでadbコマンドの環境を用意して下さい。

もしMacなら、ターミナルでadbを使う方法がオススメです。

関連記事

MacにAndroid Studioをインストールしてadbをターミナルで使えるようにする方法

Windowsユーザーなら、

windows adbコマンド
検索

などGoogle検索してみて下さい。

Androidで「USBデバッグ」をオンにすること

パソコンからadbコマンドを流す際、Android側で「USBデバッグ」がオンになっている必要があります。

「設定」より「開発者向けオプション」を開き、「USBデバッグ」トグルをタップして有効にすればOK。

もし「開発者向けオプション」をまだ表示していなければ設定して下さい。

関連記事

Androidで「開発者向けオプション」を表示する方法! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう

参考:USBケーブルも準備する

今回の方法ではパソコンとAndroidを接続するケーブルも必要です。

AndroidのUSB端子の形状(micro USB / Type C)に合わせ、ご準備下さい。

adbコマンドを実行する

以上、事前準備さえ完了すれば、後は指定adbコマンドを流すだけです。

作業の流れは下記通りです。

対象アプリの「パッケージ名」を調べる

対象アプリが保存される「パス」を調べる

対象アプリのapkを抽出する

対象アプリの「パッケージ名」を調べる

apkを抽出したいアプリの「パッケージ名」を確認します。

パッケージ名の基本や調べ方は別記事で解説しています。

関連記事

Androidアプリのパッケージ名を調べる方法! Google PlayやapkのアプリケーションID確認しよう

今回は例として、Xperiaシリーズで標準搭載される「What’s New」アプリのパッケージ名を確認します。

対象アプリが保存される「パス」を調べる

apkを抽出したいアプリがAndroid内で保存される場所(=「パス」)を確認します。

まずAndroidとパソコンをUSBケーブルで接続します。

もし「USBデバッグを許可しますか?」と表示されたら有効にして下さい。

次にパソコン側でadbコマンドを入力していきます。

下記コマンドをペーストし、「アプリのパッケージ名」にapkを抽出したいアプリを入れます。

パソコンがWindowsなら”grep”の部分を”findstr”として下さい。

すると結果として”package”以降に表示される「〜.apk」の部分が、アプリが保存される「パス」を示します。

対象アプリのapkを抽出する

最後にadbコマンドで対象アプリのapkを抽出します。

下記コマンドをペーストし、「アプリのパス」に確認した場所を入れます。

すると抽出作業が始まり、しばらく待つとパソコン上にapkファイルが保存されます。

補足:

抽出したapkをインストールする方法

Androidで「提供元不明のアプリ」を許可することで、抽出したapkを再インストール可能です。

関連記事

[Android] 提供元不明アプリのインストール方法! Google Playにない非公式apkを楽しもう

アプリのダウングレードなら「App Backup & Restore」もオススメ

別記事で解説している「App Backup & Restore」というアプリを使えば、バックアップしたapkファイルから元のバージョンでアプリを復元できます。

「クックパッド」を旧バージョンへ戻す例。

関連記事

Androidのアプリをダウングレードする方法! Google Play配布ソフトを元の旧バージョンへ戻そう

このアプリでも「apkの抽出」は可能なので、使い勝手など比較してみて下さい。

〆:もしもの時に備えapkを抽出してると安心!

以上、[Android] apkファイルの場所を調べダウンロードする方法! 抽出したアプリを再インストールしよう の説明でした。

多くのアプリはネット上でapkファイルが(無料で)配布されていますが、セキュリティ上のリスクもあるため、可能な限り自分自身で抽出する手段を知ってると安心です。

ぜひ、ご参考下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい