[Android] Google Play配布アプリを元の旧バージョンにダウングレードして戻す方法

スポンサーリンク

Androidでは日々たくさんのアプリがアップデートされており、最新機能が追加されています。

関連記事

Changelogs – Androidアプリ更新情報をチェック! アップデート履歴内容を一覧表示する方法

ただ、「新バージョンがうまく動作しない」・「更新後のデザインが好きになれない」など、様々な理由で「以前の旧バージョンのアプリに戻したい!」というケースもあります。

例えばMacなら、「Time Machine」機能を使ってデータを定期的にバックアップしていれば、その範囲内で旧バーションにアプリをダウングレードできます。

関連記事

[Mac] App Store配布アプリを旧バージョンにダウングレードする方法 [Time Machine]

そこで本記事では、Androidでも同様にローカルのアプリデータをバックアップしておいて、旧バーションに戻せるアプリ「アプリはバックアップ 復元 転送」を紹介します。

アプリ名の日本語が少しおかしいですが笑、しっかり動作するオススメアプリですよ。

photo by geralt

スポンサーリンク

Androidアプリを旧バージョンに戻す方法

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「アプリはバックアップ 復元 転送」をインストールします。

Android 要件:端末により異なる

価格:無料

インストール完了後、アプリのアクセス権限を付与する設定をします。

記事中ではAndroid 7.1.2を例に說明をしています。

「設定」→「ユーザー補助」へ進み、「Apex Automatic Install / Uninstall」を選択。

トグルをオンにして有効にします。

以上で初期設定は完了です。

手順②:旧バージョンのapkファイルをバックアップする

続いて、旧バージョンのapkファイルをバックアップします。

「アプリはバックアップ 復元 転送」アプリを開き、「インストールされました」タブ内でバックアップしたいアプリを選び、「バックアップ」ボタンをタップします。

無事バックアップが完了すると、「アーカイブされました」タブ内に対象のアプリ名とバージョン名が表示されます。

バックアップ対象のアプリは、「Google Playのアップデート(更新)通知がきてるアプリ」の中から、アップデート前の旧バージョンに戻す可能性の高いアプリを選ぶと良いでしょう。

例として、アップデート通知が来てる「クックパッド」アプリの現バージョンをバックアップしてみる。

手順③:アップデート後に旧バーションへダウングレードする

バックアップできれば、後はいつも通りの手順で対象アプリを新バージョンへアップデート(更新)しましょう。

更新後、「クックパッド」のバージョンは最新の17.5.2.1となった。

そして更新後のアプリを使ってみて、「やっぱり元のバージョンに戻したい!」となれば、再び「アプリはバックアップ 復元 転送」アプリを開き、「アーカイブされました」タブ内に表示されるバックアップしておいた対象アプリにチェックを入れ、「復元」ボタンをタップ。インストールを実行します。

旧バーションの17.5.1.1を復元してみる。

旧バーションのインストール完了後、アプリを開いてみると無事元のバージョンへのダウングレードが成功しています!

「クックパッド」の旧バージョン17.5.1.1へ戻せた。

ちなみに、今回の方法でダウングレードした場合でも、Google Playよりいつもの手順で再度アップデート(更新)することも可能です。

参考①:旧バージョンapkファイルをインストールできない場合

ボクはNexus 6P(Android 7.1.2)でダウングレードを試みましたが、最新バージョンの対象アプリがインストールされている状態で、バックアップした旧バージョンapkファイルをなぜかインストール(=ダウングレード)できず、「パッケージが破損しているようです。」とエラーが表示されました。

一方、一度最新バージョンの対象アプリを削除(アンインストール)した後であれば、旧バージョンapkファイルをインストールできました。

記事中で例にした「クックパッド」のみならず、別のアプリのダウングレードでも同様の事象が発生したため、「アプリはバックアップ 復元 転送」アプリ側の仕様なのか、Android 7.0 or Nexus 6P側に問題があるかもしれませんが、原因は分かっていません。

もし同様の事象で困った場合はご参考あれ。

参考②:アプリ自動更新をオフにしておこう

今回紹介した「アプリはバックアップ 復元 転送」アプリは、あくまで事前にバックアップしたアプリに関してのみ、旧バージョンへダウングレードすることができます。

つまり、バックアップしていない状態でアップデートしてしまうと、元のバージョンへ戻す手段がありません。

そのため、Google Playの設定より「アプリの自動更新」を「一切しない」としておくことで、「バックアップのし忘れ」リスクを防止できるためオススメです。

ただこの設定を行うと、「あまり重要ではない自動でアップデートしてほしいアプリ」の更新まで停止されてしまうため、全てのアプリを手動更新するのはとても面倒です。

そんな場合に便利なのが、「機能が改悪されると困る重要なアプリ」だけ個別に自動更新をオフにする設定です。

関連記事

[Android] Google Playで指定アプリのみ自動更新をオフにする方法! 特定のアップデートを停止しよう

参考③:Google系列アプリなら標準機能でダウングレード可

また豆知識として、Google系列の公式アプリであれば、Android標準機能としてダウングレードが可能となっています。

対象のアプリをGoogle Playで開き、「アンインストール」をタップすると「アップデートを削除しますか?」と表示されるのでOKを選択。

例えば「Google Play ゲーム」アプリの場合。

すると古いバージョンへダウングレードすることができます。

補足:その他知ってると便利なGoogle Play関連の豆知識

今回紹介した内容以外にも、本ブログではGoogle Playにまつわる様々な裏ワザ的情報を記載しています。

例えば、わざわざアプリ自体を一度削除(アンインストール)した後、再びインストールし直す手間を省いて、アプリの初期化を実現できる豆知識があったり、

関連記事

アプリを削除せずデータを初期化する方法! アンインストール不要で最初の状態に戻す [Android]

Google Playで「ダウンロードを保留しています」と表示され、アプリをうまくダウンロードできない場合の解決策だったり、

関連記事

[Android] Google Play「ダウンロードを保留しています」で先に進めない症状の解決方法!

「海外では配布されているけど、日本ではリリース(公開)されていないアプリ」を日本にいながら入手する、ちょっと上級者向けのワザだったり、

(2017年6月時点で)日本未公開のアプリ「Sonic the Hedgehog」もインストールできた。

関連記事

[Android] 海外で先行リリースされ日本で未公開のGoogle Playストアのアプリを入手する方法

Google Playで知ってると便利な標準機能や様々な不具合への対処法、はたまた裏ワザ的な内容まで、幅広く解説しています。

詳細は下記記事でまとめているので、ぜひどうぞ。

関連記事

[Android] Google Play関連の便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方

〆:気になるアプリのapkはバックアップしておこう!

以上、[Android] Google Play配布アプリを元の旧バージョンにダウングレードして戻す方法 の說明でした。

記事中では「アプリはバックアップ 復元 転送」アプリの基本機能のみ紹介しましたが、他にもGoogleドライブと連携したクラウド上にapkファイルをバックアップする機能や、他端末にバックアップファイルを送信(共有)する機能などがあります。

いずれにせよ、バックアップしていない状態でアップデート後に旧バージョンへ戻すことはできないため、気になるアプリのapkファイルはこまめにバックアップしておくことをオススメします。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい